テーマ:JAZZ

神様のブログ~渋谷毅さんのこと

LINK~INTRODUCING!でWEBを紹介させていただいた「ピアノも弾ける神様」渋谷毅さんは不思議な人だ。「渋谷さんは○○○な人」とひとつの方向で語ることのできない不思議な人なのだ。ある断面から渋谷さんを語ると、有機的に結びついた複雑な全体からどんどん遠くに行ってしまうのである。 渋谷さんの演奏は、なにも特別なことはして…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

極私的ジャズ入門 2

前回に書いたように、ぼくはなんだかよく分らない「抽象的」な音楽としてのジャズに興味を持ったわけだが、誰もが知っているタイプのジャズのほうが聴いてて楽しい、という人もいる。むしろ、こっちのタイプのジャズ・ファンのほうが多い。一般的に言うならば、モダン・ジャズと呼ばれる1940年代半ば以降のジャズは小編成グループによる楽器だけの演奏が多く、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極私的ジャズ入門 1

どうしても犬の話が多くなってしまう。マイルスのインタビューもその2で足踏みだ。続きをと言う方、あと2,3日のお待ちを。 恐らく、このブログを訪れてくださる方の多くは「犬ファン」で、ジャズなんぞというマイナーな音楽はあまり聴かないんじゃないかな。できればそんな方々にも、ジャズの素晴らしさを味わっていただきたいと思う。そして、ジャズの醍醐…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブログ版 マイルスとの2時間(2)

早く続きをアップしろという叱咤激励の声が届いた。オリジナルの原稿を書いたのが80年代半ば、それを拡大して400字50枚にしたのが1993年。10年間隔で一度のインタビューを3回に渡ってまとめ直すなんてことは、長い雑文書き生活の中でも初めてのことだ。いかに帝王とのインタビューが刺激的で、ぼくのものの見方、考え方に深く突き刺さっていたかを感…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブログ版 マイルスとの2時間(1)  

ぼくがJAZZについて雑誌に書いたもののなかで、「あの雑誌とってないの?」とか「あったらコピーしてよ」と言われるのが、マイルス・デイヴィスのインタビュー。月刊「プレイボーイ」と「JAZZ LIFE」に書いたものだが、ぼく自身にとっても鳥肌が立つような時間であった。要望にお応えして、なんて言うほど要望されてるわけじゃあないけれど、今は亡き…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more