引っ張りだこのウォーレン

東京JAZZ最終日の「トチカ2010」の演奏は、日本のジャズ/フュージョン・ファンに大きな刺激を与えてくれたようだ。香津美さんがTwitterでぼくのレポートを紹介してくれたこともあって、凄い勢いでクリックされている。なにより嬉しいのは、まったく知らない人が素晴らしいコメントを残してくれることだ。特に嬉しかったのは、このコンサートが「昔…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「トチカ2010」楽屋ルポ

音楽ファンにとっても、そしてステージに立ったミュージシャンたちにしても夢のような1時間であった。過去30年間にわたってジャズ/フュージョンの最前線で音楽を作り続けてきた伝説的なミュージシャンが集まって、この1時間だけ時間をともにする贅沢なプログラムなのだ。 アルバム『トチカ』のプロデューサーであり、当時のNYのスタジオ・キャッツのドン…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

匂い

猛暑だった夏も終わりが見えてきた。 それが実感できるのは、日が落ちたあとに吹き出す西からの風。秋の匂いが漂い始めたのだ。 犬はその匂いを敏感にキャッチしている。つい先日までは、暑いから家に戻る、といっていたのに歩く距離が倍以上になってきた。 8月の半ばに行った会津では、猛暑の中、磐梯山中腹の木の葉が色づき始め、ススキの穂が出始まっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

速報・終わった/凄かった/良かった

今年の東京JAZZのメイン会場(国際フォーラム)・最終日を飾る「TOCHIKA ALL STARS」の演奏が先ほど終わった。このステージはNHK-FMで中継されていたそうだから、家でお聴きになった方も多いことだろう。演奏はどうだったかって? この演奏終了後のミュージシャンの顔をみればすぐにわかるはず。 30年ぶりという顔合わせに「次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、今晩だ!

いよいよ「トチカ2010」が今晩に迫ってきた。 渡辺香津美のツイッターを見たら、昨日のリハーサルの写真がリンクされているじゃあないか! http://twitter.com/watanabekazumi 一昨日、香津美さんがぼくのブログのレポートを呟いてくれたら、あっという間に1,000クリックをオーバーした。アクセス・レポー…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今日もリユニオン・シリーズ by Kazumi Watanabe #2

リユニオン・シリーズの2日目。「トチカ」のプロデューサーでもあるヴァイブ奏者のマイク・マイニエリとピアニストのウォーレン・バーンハートを迎えたドラム&ベース・レス・トリオだ。 渡辺香津美が日本のジャズ・フュージョン・シーンの寵児となったのはこのアルバムの記録的なヒットから。レコーディング・メンバーを呼んでの「トチカ・ツアー」は、いまで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日からリユニオン ・シリーズ by Kazumi Watanabe #1

今日から渡辺香津美のギター・プロ生活40周年3連続コンサートが始まった。 その第1弾は、彼の初の海外録音アルバム『ロンサム・キャット』に参加したドラマーのレニー・ホワイトを迎えたコンサートで、ベースは納浩一。ゲストにジャンゴ・ラインハルトの孫、デイヴィッド・ラインハルトが加わる布陣である。 東京JAZZのプレ・イベントということなの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

夏の思い出

今朝は早くから所用があって、笹目通り(環八の延長)近くまで行かなくてはならなかった。 ちょっと早く着いてしまったので、周辺を歩いていたら5,6年前にMAXとよく歩いていた地域であることを思い出してしまったのだ。ぼくはこういうふと目にしたものから、過去の事象や、具体的な人の言葉を思い出すことがある。 犬の連れ込み禁止という…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

綺麗な写真、美しい写真

最近、我が家では故アポロ&パピーのチェルシーのオーナー、女王様ことすみさんの写真がよく話題になっている。どういう話題かということはゆっくり後述することとして、まずはすみさんの写真をご覧いただこう。(また無断転載。お許しを) この写真はチェルシーの初泳ぎのときのもので、わずか3か月のチェルシーを泳ぎに連れていくのはゴールデン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北は楽天じゃなく、楽ちん

18日から猪苗代・磐梯山に来ている。その様子をブログにアップしようと、毎日思いながら、朝6時からホテル裏のアルツ磐梯スキー場のゲレンデを走り回り、昼には猪苗代湖で泳ぎ、夕方には公園の広大な芝生を走らせて、ヘロヘロになって温泉に入るともう起きていることができない。 だから写真をメインにしてお茶を濁すことにしたい。 まず初日、白河インタ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

急成長中!

ルーカスはもうすぐ月齢7カ月となる。ご覧のとうり外見はほぼオトナ! MAXのような立派な飾り毛が伸びるのは2歳前後になるだろうが、先代が大器晩成だったのに対しルーカスは早熟型のようだ。 ただ頭の中は月齢相応。なにしろイタズラを覚えたばかりだし、それで追いかけられるのが楽しくてしょうがないようなのだ。ぼくは同じイタズラを繰り返すと横っ面…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

同じところ、違うところ

ルーカスはまもなく生後7カ月。ますますエネルギッシュな犬に育ち、良いところと悪いところが並行してスケール・アップしている。アポロの妹分、チェルシーの写真がすみさんのブログにボンボンと貼られるようになったのだが、この子がメチャ可愛い!いわゆる美人顔なのだ。 うちのギャングはというと、個性的な容貌である。足の長さからすると、ゴールデンとし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マッキー、MAXに会ったかい?

犬仲間のマッキーが突然亡くなった。写真でもおわかりいただけるように、可愛いジャック・ラッセル・テリアの見本のような犬。一時、うちも歳をとって大型犬が無理になったらジャック・ラッセルをと言っていたのだが、「99パーセントの確率で“マッキーのほうが可愛いよね”って言われるに違いないから、ジャックはやめとこう」というくらい可愛い犬だった。MA…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

人間社会と犬社会

時々、どうしてこんなにも犬と暮らすことにハマってしまったのかと、我ながら不思議な感覚に捉われることがある。なにしろこの10年間、ぼくの生活時間の大部分は犬と一緒に居るのだ。犬という生き物が好きであることは確かだが、それよりも人間ではない生き物と心を通わせることが面白いからなのだろうと思う。それも、意思の疎通が出来るというだけではなく、互…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

反抗期

ルーカスは間もなく生後6カ月となる。MAXより大人っぽくなるのが早く、もういっぱしのゴールデンに見えるようになってきた。ところがその外見に日常行動が追い付かず、突然子供っぽい悪戯をするのだ。 いまもっともやりたいのは脱いだ靴を咥えて逃げ回ること。そして、散歩のときにリードを咥えて主導権をとろうとすることだ。横に付いて歩く脚側歩行をさせ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

メディアの説明責任

これほどマスメディアへの信頼が薄れた時代があったろうか。大本営発表に騙され、大政翼賛報道にウソをつかれても報道を信じてくれた「お人好し」の国民が、ホント?と疑問を持つようになったのに、テレビ・新聞の大手メディアは自らに突き付けられた説明責任さへも果たさず、大相撲の野球賭博疑惑などの関心が高いことに対する追及を隠れ蓑にして「知らぬ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新米パートナー

ルーカスはもうすぐ月齢6か月になろうとしている。体重の増加、飾り毛の伸び具合などは先代のMAXよりかなり早いようだ。MAXの6か月時の写真を見ると、毛が伸びてなくて間が抜けている。ゴールデンだかラブだかわからないのだが、ルーカスはもうしっかりゴールデンで、成犬に近い外見である。ところが動作は「お子様」。まだ突然走りだす不可解な行動を時々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勝利の朝焼け

サッカーW杯の予選リーグ最終戦で日本代表チームがデンマークに勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。日本時間で午前3時半キックオフというテレビ観戦には辛い時間帯の放送だったが、圧倒的な勝利に眠気も吹っ飛んだ人も多かったことだろう。 ぼくは熱心なサッカー・ファンではない。(メキシコ・オリンピックの頃や奥寺がドイツで孤軍奮闘していたころはテレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

泳いだよ!

12日の土曜日、ルーカスの初泳ぎで奥多摩に行ってきた。 水泳フリークのMAXと一緒に奥多摩にはちょくちょく出かけ、どのスポットがよいのかを知っていたので、まずは奥多摩渓谷の入り口にあたる青梅の釜ヶ淵公園下の河原に直行。 梅雨入り前の土曜なので新青梅街道の渋滞と駐車場探しを覚悟して行ったのだが、道はすいすい、20台くらいの公園無料駐車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬からの贈り物

ルーカスがうちの家族になる前日に知り合ったアポロが亡くなった。 房総半島の真ん中にあるハーブ・ガーデンで、10歳前後と思われるゴールデンを連れたご夫婦がテラスにいたので、つい声をかけたのだ。うちは7歳10カ月のゴールデンを1月に亡くしたんです、というと「このこも12月に血管肉腫で脾臓摘出したんです。治る可能性が少ない病気だって言われる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more