Time with WAR #1

このブログを始めてからひょんなことで知り合いになったTorigenさんのブログ「Tori's Triangle」(LINKのところで紹介しているので、ぜひ覗いてみることをお奨めしたい)に寄稿することになった。音楽の現場のエピソードをコメントしていたのだが、字数の制限とかがあって中途半端になっちゃうので、それでは連載投稿しようとなったのだ。
Toriさんとその仲間はThe CrusadersというJAZZ~FUNKグループの熱狂的なファン。彼の仲間の半斤さんは「クルセイダーズが好きで・・・」というブログを主宰してて、ディスコグラフィーはもとより細かなデータまでフォローしている。Train Man of Crusaders(電車男)なのである。その知識は、一応はプロのぼくなんかよりはるかに詳しい。クルセイダーズの話をしたら負けるから、ブラック・ミュージック全般、ジャズ・ミュージシャンの素顔というようなこちらが「勝てる」テーマで寄稿することになった。ぼくのブログは最近、犬の話ばかりなので同時掲載にさせていただくことでDEAL!ふたつのブログにまたがる第1回は、WARというグループとの付き合いからコンサートやレコーディングの現場を紹介することになった。


Time with WAR #1
WARのメンバーと初めて会ったのは1977年のことだった。この年、後楽園球場でNCAAアメリカン・フットボールの公式戦「ミラージュ・ボウル」が行われ、日本のグループ「ゴダイゴ」とWARが前夜祭で演奏したのである。当時のWARは『世界はゲットーだ!』の大ヒットで、飛ぶ鳥も落す勢い。まだ、フュージョンという言葉は一般化していなくて(アメリカでは既に使われていたのだが)、クロスオーバー・ミュージックが注目されだした時期だ。WARはstuffやハービー・ハンコック、チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエバー、クルセイダーズらのジャズ・オリエンテッドなグループよりも泥臭いダウン・トゥ・アースな音楽が持ち味であった。洗練されたフュージョンではなく、ストリートミュージックに近いブラック・ラテン音楽。あえて相似形を探すならば、スライ&ザ・ファミリー・ストーンがストリート・テイスト、ファンク・テイストにおいて近いと言えるかな。ゴールド、プラチナのセールスを記録していたWARは、アメリカ国内のプロモーションもド派手。サンセット大通りに本物の戦車を走らせたのもこの頃である。
さて、そんなWARが来るというので、当時ぼくが寄稿していた『FMレコパル』誌がグラビア頁でとりあげようということになったのだ。FM誌として後発の『レコパル』では、絶対に他誌と同じ方法で記事を作らない、というコンセンサスが編集陣と執筆陣の間で出来上がっていた。そこで、ぼくが思いついたのは、ミラージュ・ボウルということもあって、WARのメンバーにアメラグの格好をさせて写真を撮り、グループ内での各々の音楽的役割をアメリカン・フットボールのポジションで説明してもらう、というアイデアであった。(こういう企画はその後もしばらく続き、stuffやサリナ・ジョーンズらに浴衣を着せたりして、レコパルのアホ企画と笑われたものだ。ライブ・コミックだって創刊当時は嘲笑の対象だったんだぜ。チャーリー・ミンガスまで大喜びしたのにね)
WARの連中は全員大喜び。なにしろ、ヘルメットには編集者と一緒に徹夜で作った「WAR」のロゴまで入っているのだ。
「こんなインタビュー、フォト・セッションは初めてだぜ。なんでも注文してくれ!今日はお前がヘッド・コーチだから、言うことを聞くからな」
と言って、注文どおりに話をしてくれたのである。
翌年、メンバーのひとりで唯一の白人メンバーであるリー・オスカーが、個人的に日本にやって来た。日本のディストリビューターであるトリオ・レコードのA&Rが、
「ミラージュ・ボウルの時に、変なインタビューをしてくれたジャーナリストに会いたい」
とリーが言っている、ついては会ってあげてくれないか、と連絡してきた。何か面白いことが起こりそうな予感がした。だが、後年になってリー・オスカーやWARのメンバーと深い付き合いをすることになるとは、この時は思いもしなかったのだった。

"Time with WAR #1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント