雨の日曜日

今日は朝から雨。
昨日は深夜まで遊んでいたルーカスは、散歩を諦めて寝ている。
明日も雨予報が出ているので、改造計画・野外篇が進まない。

画像


それじゃあ、ルーカス用のチキン・ジャーキーでも作るかと思って冷蔵庫をみたら鶏肉の買い置きがない。ゴソゴソとあさっていたら、沖縄の黒糖が出てきた。よし、それじゃあサーターアンダーギーだ!
薄力粉・ベーキングパウダーがあればいいから簡単。

画像


最初の「試し揚げ」は油の温度が高すぎて、中まで揚らないうちに黒くなっちゃったが、このとうりの美味しい沖縄スイーツが完成した。揚ったこのお菓子を見ていたら、MAXを思い出した。彼の大好物であったのだ。
最後の沖縄旅行では熱中症になりかけ、2日近くぐったりしていて何も食べなかったのが、許田の道の駅で買ったサーターアンダーギーを食べたのがきっかけで、回復したのだった。

ぼくと世帯主は性懲りもなく、ルーカスが成犬になったら沖縄に連れて行こうと計画を練っている。その時はMAXの骨を持って行って、大好きだった沖縄の美しい海で永遠に泳がせてあげようと思っている。
毎朝、美浜のアメリカン・ヴィレッジのスターバックスでコーヒーを飲み、一緒にパンを食べた。国道の向こう側は米軍嘉手納基地のゲート。あそこに入れたら、芝生の上を走れるのになあと眺めていたものだ。
そんな思い出に浸っていたら、テレビのニュースで普天間基地の移転候補地の反対運動をやっていて、現地のおばさんが「沖縄の人に我慢してもらわなきゃ」なんて言っている。自分が嫌なことは、誰かに我慢してもらってというのが庶民感覚だとしたら、ぼくは庶民を辞退させていただきたい。棄民になったほうがましだ。太平洋戦争では唯一の地上戦、そして戦後60年も基地を押し付けておいて、まだ「我慢」してくれと言える感覚は異常である。こういう庶民感覚が横行しているから、幼児虐待や尊属殺人が増えるのだ。

画像


MAXと沖縄に行くたびに、米軍基地を見ると心の奥が痛む思いがしたものだ。この痛みを忘れないためにも、ルーカスと沖縄に行かなくちゃ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hori
2010年05月25日 12:57
この1~2年、身近な人が相次いで亡くなり、柄にもなく涙もろくなった。私自身が高齢の所為かも知れないけれど・・。
中でもMAXのそれは、かなりショックだった。
病気を知った後さえ想像できなかったし、今でも彼の不在が信じられない。

思い出の沖縄の海に散骨されるのですね。
MAXがイルカのように大海原を悠々と泳ぐ様を夢想してみる・・愉快であり、少し切ない。
果てしなく続く海に大きな身体をあずけて楽しそうに進むMAX。時々振り返るかしら?
でも点になるまで先に行き、やがて見えなくなる・・
見えなくなってもMAXは、どこかの海で泳いでいるだろう。いくら泳いでも、もう疲れる事はないのだから。

そこは宇宙空間かも知れないね。
沖縄まで行けない私は、空を仰ごう。
IKEGAMI
2010年05月25日 15:01
おお、horiさん、これからは「詩人のhoriさん」と呼ばせていただきます。おいしいパンを焼くことのほかにも、こんな才能があったとは!

ルーカスが次第に大きくなって、こうやって寝ていたりすると、MAXがまだいるような錯覚に陥ります。あまりに潔い消え方でしたからね。
昨日、シャモン・ママが仕事の帰りに寄ってくださったのですが、やはりこのPostのいちばん下の写真を見ていたら、ホロリときちゃったって言ってました。

一緒に沖縄に行って、バースを泳がせるってアイデアもありますぜ。

この記事へのトラックバック