雪だ!

昨日の夕方から雪になった。夜半には10センチくらい積もり、本来ならMAXと近くの井草森公園に出かけて、走り回っているところだ。彼が1歳になる直前、まだ富士見台に住んでいた頃だが、東京でも20センチ近い降雪になったことがあった。初めての雪にMAXは大興奮。近くの芝生畑に連れて行くと、狂ったように走りまわった。足がすっぽり隠れるほどの新雪を蹴立てて、嬉しそうに走るのである。

画像
画像


以来、MAXは雪が降るとまだ積もっていないうちから外に行きたくて、ドアの前でチャンスを伺うようになった。どのくらい降っているのかを確認しようとベランダのドアを開けようものならすぐに飛び出し、雪の上でひっくり返る。関東の雪は湿気が多いので、長毛のゴールデンはすぐにびしょびしょ。それで家の中に入ってくるのだからたまらない。でも、飼い主は笑顔で許すのである。

画像

ああ、犬がいないと毎日がつまらない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chi-B
2010年02月02日 14:31
雪はたのしい!ってMAXも思ってたんですネ。いつも積雪に悩まされている地域の方には申し訳ないですが、見慣れない真っ白の世界には妙な高揚感を誘発されて早朝から散歩したり。(今年はまだOsakaは雪は降っていませんが)一番下の写真、”見つめあう二匹の生き物”は何を交信しているのか…いい瞬間ですね。拡大して見てみると映画のワンシーンみたいです。犬がいないつまらない毎日を、想像力とよそ様の犬を盗み可愛がることで耐えながら過ごしている♀in Osakaより。雪の降る日々、温かくしてお過ごし下さい。
hori
2010年02月03日 01:28
ウチの犬には決して笑顔で許しませんが、MAXくんが雪の中で楽しそうな様子はほのぼのとします。
遊びに全精力をかたむけ、それに笑顔で付き合ったパパ・ママさん。 頭が下がる思いです。
MAXくんは幸せな犬の代表です。
雪が降っても、雨の日も晴れた日も、季節の花が移り変わる度、記憶の中で何時でもMAXに会えますね。
写真の一枚一枚にも、愛が溢れています。
MAXの不在を、未だに信じられないけれど・・
IKEGAMI
2010年02月03日 01:57
chi-Bちゃん、horiさん、ありがとうございます。

犬が嬉しそうにしてるのを見るのは最高に幸せなことです。彼らは義理で嬉しそうにしたりしません。常に本気ですからね。生意気なことに、嫌なときは全身から嫌・嫌オーラが出ちゃう!
ここ数日、写真の整理をしてるのですが数千枚をコピーしてグルーピングするのって「疲れて」「楽しくて」「悲しい」作業ですね。
masae
2010年02月03日 10:12
こちらでは3㎝位しか積りませんでしたよ。

我が家の初代と二代目は雪が大好きでした。
二頭で雪の中を飛び回っていました。
三代目と四代目は被毛に油分が少なかったためか、雪の日に
表に出すと足先に雪が固まって付いてしまい、足先が雪だるま状態になって歩けなくなっていました。
雪の中で動けなくなってかたまっている姿は傑作でした。

写真、数千枚!こんなに愛されて、やはりMAX君はとても幸せでしたね。
IKEGAMI
2010年02月03日 13:34
masaeさん、しばらくです。
ビアデッドコリーやオールド・イングリッシュは被毛の質が違うから、雪だけじゃあなく、濡れるだけでも大変ですよね。horiさんのところのバースくんを見てると、次に大型犬と暮らせるとしても、防水毛(?)の犬がいいなと思っちゃいます。
それにしても、MAXが元気なうちにバースくんに水遊びの楽しさを教えてあげたかったなあ。
にょこ
2010年02月14日 12:36
こんにちは、ソラ母です。
昨日は寒い中、ありがとうございました。
MAXくんを思いながらいただきます。

いつもの公園で、商店街で、通りで
ついついMAXくんの姿を探してしまいます。
あのモフモフな優しい子にどこかで会えそうな気がして…。
IKEGAMI
2010年02月17日 05:36
にょこさん、コメントありがとうございます。

ぼくも横で歩いていたMAXをつい探しちゃいます。
8年近く、昼も夜も一緒にいたんですからね。
まだMAXがいないことが信じられません。

この記事へのトラックバック

  • とんぼのブログ

    Excerpt: とんぼのブログを紹介します Weblog: とんぼのブログ racked: 2010-02-03 21:58