お答えします#1~LAを楽しむ 2

なんだか、自分が久しぶりにLAに行く気分になってきた。

で、今日は世界一安全な国からLAに行く人はどのエリアのホテルがいいのか、という話。
この前、シュミレーションと書いたのは目的によって宿泊エリアが変わってくるからだ。Andyさんは若い女性だから、音楽だけじゃあなくて買い物とか観光とかもするんじゃないかとオジサンは勝手に考えている。

1)  ライブ・ハウスでジャズを聴く
1-2)スケジュールがあったらもっと大きな会場のコンサートに行く  
2)  おみやげ物を含めた買い物をする
2-2)ブランド物を買う
2-3)しかも安く買う
3)  名所みたいなところに行く
3-2)テーマ・パークに行く
4)  町を歩く
5)  公園かビーチでのんびりする
6)  うまいものを食べる&ワインを飲む

ほんとはマークしてもらってからのほうが話を進め易いんだけど、まあいいか。
では仮に、夜は「Catalina Bar&Grill」、「Baked Potato」、「Jazz Bakery」で音楽を聴き、昼間はサンタモニカ桟橋周辺とグリフィス・パークのてっぺん(HOLLYWOODの看板のあるところ)でLAを眺め、UCLAのあるウエスト・ウッドも歩きたいという希望だとしよう。

とすると、ホテルは市内の中心部(ダウンタウンじゃなく、ストリップ周辺かビバリー・ヒルズ周辺)が便利だ。(ホテルのリストアップはまた後で)

「Catalina」は近いし、SUTUDIO CITYの「Baked P」はローレル・キャにオンのイロハ坂を越えればすぐ、「Jazz B」はCULVER CITYだからちょっと遠いけど空港までの半分くらいの距離だ。
ではこのエリアからグリフィス・パークまではというと、そんなに遠くはない。サンセットからフランクリンを使ってロス・フェリッツに抜けてくれと指示すれば、信号も少ないし、比較的にT-JAMも避けられる。問題はビーチ方面だ。でも、ウエスト・ウッドとサンタモニカを一日にまとめればコスト削減が可能。朝、10時くらいにホテルを出て、ウエスト・ウッドのUCLAの生協にいって、町を歩いてCAFEでランチ。(ま、ランチはサンタモニカででもいいけど)それからサンタモニカ・ピアとビーチでのんびりして、4時くらいにホテルに戻り、夜に備える!
もし、マッチョな男の半裸をみたいならベニス・ビーチまでいってもよいが、これは趣味の問題。

ぼくは80年代には仕事で行くことが多かったから、このエリアのホテルによく泊まっていた。でも、最近はサンタモニカかな。何故かと言うと、町を歩けること、歩いて行けるレストランが多いことで、のんびりできるからだ。でも、ライブ・ハウスめぐりには不便になる。んー、微妙なところだなあ。

では、今日の重要テーマである送迎に移ろう。
LAのタクシー事情が日本と違って不便であるということは、最初に書いたとおり。だが、慣れちゃえばどうっていうことはない。日本だって地方にいったら、呼び出しだもの。
レストランやライブハウスではレジに言えば呼んで貰えるが、公園とかショッピング・センターからホテルに戻る時が面倒くさいのだ。昔は携帯電話がなかったから、公衆電話(初めて行った人にとってはこれが一大事。ローカルとロング・ディスタンスの判断とかね)で、あらかじめメモってあったタクシー会社に電話をかけることになる。電話受け付けの係り(ディスパッチャー)の話す英語が早口でわかりにくいんだあ。おまけに、ホントにくるのかなあなんて疑心暗鬼になったりして、疲れるんだよね。
じゃあ、夜のライブハウス往復のタクシーはどうしたらよいのだろう。

1.片道だけホテルから呼んだタクシーで行き、帰りは店で呼んでもらう
2.ホテルから時間指定で往復を予約する
3.人がよいと確信できる運ちゃんに出会ったら、半日か1日チャーターしたらいくらか聞いて みて、安かったら連絡先をもらい、連絡する
4.旅行代理店の送迎サービスを利用する

というような方法があるわけだが、初めてのLA、しかも女性だけだったら、ケース・バイ・ケースだが、最近安くなった4がいいかもしれない。インターネットで「ロスアンゼルス大全」を開くとこの送迎が出てるし、HISや大手代理店もやっているようだ。
では、今日の最後に・・・。
あの、リムジンに乗ってみたいと思ったら~思ったほど高くないんだなこれが。空港と市内のリムジン送迎だったら、タクシーの2、3倍くらいのものだろう。人数が多ければ(例えば、タクシーだと2台になるような場合)、トントンということもある。でも、リモで危険なエリアに行くのは鴨ネギになりかねないことをお忘れなきよう!

ではまた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

totigen
2006年05月25日 17:30
トキワさんの本「ジャズでめぐるニューヨーク」のときのように、なんだかホントに行く為の事前勉強してるみたいで、気持ちだけはL.A.って感じになってきますネ。

Catalina Bar & Grillは、私のblogでリンクしているL.A在住でその前はN.Y. で活躍中のギタリストHiro Sase氏も女性が行くならと太鼓判でした。因みに彼のジャケット写真はトキワさんの手になるものだったと思います。
私も行ってみたいなぁ…と。

今、読んでる「DOUBLE INDEMNITY/Raymond Chandler with Billy Wilder」にも'40年代ですが、たまたまL.A.が舞台だったので、余計に心はロス・アンジェルスになってきたぁ!
e-アフィリ
2006年05月25日 22:05
こんにちは、アフィリエイトサイトのe-アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e-アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円~・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e-アフィリ http://e-af.net/?ho
トキワ
2006年05月25日 23:38
字数制限でこの前書けなかったことを少々。確かにレンタカーを運転できればベストなのですが、LAの道路事情は年々ひどくなり、最近では午前8時から10時、午後3時ぐらいから7時ぐらいは、フリーウェイが大渋滞、しかし下の道はよく分からんし、変なところで車がエンコしたらえらいことになると言う問題はあります。私も車があればサンタモニカが宿泊はお薦めです。あとtorigenさんのお友達のLA在住のギタリスト、Hiro Saseさんのサイトは参考になると思います。宜しくお願いします。
ともりん
2006年05月26日 01:09
2年前にLAにいったときは、3rd St.のホテルThe Orlando Beverly Plazaに泊まりました。目の前が、モールのビバリーセンターもあるし、ミニバスDASHがビバリーセンターからハリウッド、ウィルシャー側に走っているので、たいていの観光&ショッピングはカバーできると思います。3rd Stが人気エリアなので、お食事も大丈夫でした。ホテルの目の前にMTAバスの停留所があるので、ファーマーズマーケットとかも行けます(長めのお散歩くらいの距離なので、歩けます)。
Andy
2006年05月26日 07:38
2) ・2-1)・2-3)に二重○です! お買物大好きな私は 1) に○をするのを忘れるところでした。(笑)
1-2)にもマークしたいのですがこれは次回にするとして今回は 1)。
私の旅行はいつも駆け足なので今回は3-2)と5)は我慢します。
美味しいものはもちろん食べたいです! マッチョな男性の半裸も仕方ない・・・・・我慢します。(笑)

ガイドブックで見る限り、主要スポットが離れて存在するのがLAの様ですね。ホテルの位置はポイントですね。
タクシーを利用するのは便利だけれども呼ぶのが大変なのですね。今回はタクシーを利用しようと思ったので色々調べてみます。
ともりんさんが教えてくださったMTAバスは昼間は活用しなくてはですね。  色々な情報を頂きありがとうございます。
IKEGAMI
2006年05月26日 07:41
ともりん、コメントをTHANX!
そうなんだよね、ぼくもあのエリアのホテルをリストアップしようと思ってたところ。
ビバリーセンター周辺は食事がOKっていうのがなによりですねえ。3日目くらいから「まともなものが食いてえ!」ってなるから。でもさ、どうして日本では「ビバリー」なのかなあ。むこうだと「べバリー」に近い発音だよね。
このテーマ、これからもご協力をたのんますで。

この記事へのトラックバック