池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS ルーカス改造計画 1

<<   作成日時 : 2010/04/11 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ルーカスがやってきてから2週間。バリア・メニー(!)の我が家にすっかり慣れて、走りまわる場所、遊ぶ場所、寝る場所も決まってきた。相変わらず、バリケン(ハウスである)では寝てくれないのが問題だが、留守番でハウス嫌いになってしまったMAXの二の舞にならぬよう、あと半月くらいは好きなようにさせておこうと思っている。

画像


ルーカスは2週間で体重が2キロ近く増え、マズルも伸びてきて、「赤ちゃん犬」から「幼犬」に変わりつつある。怖くて下りられなかった3段の階段も上り下りともにクリア。長い階段のほうもすぐに上下できるようになった。ソファにもジャンプして飛び乗り、狂ったように走っても家具や壁に激突することはない。先住犬と比べると、運動能力、敏捷性が優っているようである。
ぼくは「ぼんやり犬」と暮らすというのが理想で、その点においてMAXは申し分のない犬であった。もちろん、1歳くらいまでは幼犬特有の忙しない動きをしていたが、徹底的に付き合ってありとあらゆる経験をさせて、忙しなさを克服したのだ。犬が忙しないなら、こちらが何倍も忙しなくなってやる!しまいには犬のほうが呆れて、ちょっとお休みしたいんですけど、となるのが面白かった。ルーカスの躾けにあの時のような忍耐ができるか、ちょっとばかり自信が持てないのだが、まあ、やるしかないんだろうな。

画像


この3週間、ぼくはルーカスの性格を観察していた。これから数カ月で、いわゆる「躾け」をしなくてはならないからだ。躾けの基本はどの犬でも同じなのだが、性格の個体差を考えてそのメソッドを組み立てたほうが効果的。おとなしい犬とやんちゃな犬とでは、ゴールが同じでもルートを変える必要があるといえるだろう。
さて、ルーカスはというと、かなり気が強く、活発な性格の持ち主である。そして頑固! ブリーダーさんからは、7頭の兄弟の中ではおとなしいほうだと聞いていたのだが、我が家に来てからは正反対。こういうアルファが強く、はっきりと自己主張する性格の犬こそ、体罰ではなく飼い主が上に立つことによって言うことをきかせる方法で躾けなくてはなるまい。試しに「甘噛み」をしたときに横っ面をパカンと叩いたり、口の中にこちらのナックルを押し込んでみると、さらに強く甘噛みをしてくるのだ。セーターやズボンを引っ張った時に、布団の上に投げ飛ばしてみると、猛然と反撃に出る。体罰で躾けられるタイプの犬ではないようだ。
そこでひさしぶりに、「犬の家庭教師」、「ドッグ・ビヘイビアリスト」中西典子さんのWEBを開き、躾の基本を確認してみることにした。
(中西さんの主宰する「Doggy Labo」のWEBからは、躾の具体的な指針や犬と人の生活に関する素晴らしい情報を得られるはず。とくに「犬のしつけワンポイント・アドヴァイス」は、これから犬と暮らそうと思っている人はぜひお読みいただきたい。http://www.doggylabo.com/)
中西さんのメソッドは、単純に言えば犬と飼い主の関係(=主従関係)をきちんと作ることによって、犬をボスの指示に従って行動させるというものだ。そのための基本ルールが10ある。

1.むやみになでない。抱かない。
2.ソファ、ベッド、イス、テーブルなど高いところに登らせない。
3.叱るときは、短めの単語を低い音で使う。叩くなどの体罰はしない。
4.用がないときはアイコンタクトをしない。用があるときは必ずアイコンタクトをする。
5.一緒に寝ない。
6.食事は飼い主の後に与える。
7.入ってはいけない部屋、スペースを作る。
 (特に寝室には入れないほうがよいです)
8.出かけるとき、帰ってきたときに、すぐにかまわない。
9.よく遊んであげる。ただし、イニシャチブを必ずとる。
  おもちゃ箱の管理は犬にさせない。
10.きちんとルールを決めて、秩序ある散歩をリードする。

ルーカスは2カ月で親・兄弟と離れたわけだが、ぼくは3か月までは溺愛でよいと思っている。(いくつかの項目については実行に移しているが・・・。)2回目のワクチン接種が終わって自由に外に出られるようになるまであと10日ほど。すると、鬼の躾けが始まるのだ。それまで、どういう犬になってもらいたいかをルーカスの性格を基に考えて、「改造計画」をたてるつりである。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ははは・・大変な事になっちゃったネ。
こないだルーカス君に会った時は、幼犬特有の好奇心イッパイで動き廻り、ボクって何してもカワイイでしょ!モードだった。
確かに、ホントに、メチャメチャ可愛かったよ♪
「ぼんやり犬」の作り方って案外難しいのね。
その仔の個性を大切にした上で、これから何年も共に暮らす相手と居心地のよい関係を築きたい。
基本的ワンコの特性は横じゃなく上下関係らしいから、シッカリして下さいね(笑)
ほら! 後からの子供の方に甘くなるって言うじゃない。
hori
2010/04/11 12:36
horiさん、先日はありがとうございました。
ルーカスにとって初めての訪問先がバース・パパの事務所で、初めての犬との対面がバース!あまりに大きすぎて、最初はそこにいるのが犬だという実感がなかったようでしたね。
ホント、ルーカスの性格を「ぼんやり犬」に変えるのはかなり大変だと思います。
後からの子供、年取ってからの子供、子供のいない家庭の犬、甘くなる条件は全部そろってますからねえ。
IKEGAMI
2010/04/11 12:52
育児大変ですね!育児書の通りになかなか行かないのは、人間の子供も犬も同じ!
がんばってね!
masae
2010/04/12 09:15
masaeさん、激励ありがとう。
「頑張らない」がモットーのぼくでも、ちょっと頑張らなくちゃならない感じですねえ。とにかくハイパーです。
MAxはこんなにジャンプしませんでした。(苦笑) 2度目のワクチンは今週末なのですが、先週から暖かい午後や、ママが帰ってきた深夜には道の真ん中を歩かせて、散歩慣れをさせてます。
来週くらいには知り合いの犬たちと遊ばせようと思ってます。犬社会の中でコミュニケーションが取れない犬になったら、その後の10年がつまらなくなっちゃいますもんね。
初夏には守谷攻略にいきたいな。
IKEGAMI
2010/04/12 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルーカス改造計画 1 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる