池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS EMOTIONAL SKETCH 10 犬連れ旅行雑感

<<   作成日時 : 2007/07/28 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

7月23日から2泊3日で福島・白河に行ってきた。リゾート・トラストが経営する「エクシブ」の那須白河にドギー・ヴィラができたことは知っていたが、「エクシブ」は会員制リゾート。誰か会員いないかなあと言っていたら、灯台下暗し!世帯主の会社が法人会員だったのだ。やったあ!!

このところ続々とスマートな犬連れOKの宿がオープンしている。ドッグ・オーナーにとっては嬉しいことだ。3年ほど前までは犬と一緒に泊まれる宿(=いわゆるドッグOKホテル)というと部屋の狭いペンションが殆どで、泊まるのは犬連れ客ばかり。とても「優雅な休日」とはならなかった。ところが昨年あたりからシティ・ホテルやリゾート・ホテルが犬の宿泊もOKという部屋を作るようになった。以前紹介した「リゾナーレ」や沖縄の「ビーチタワー」、さらには新宿の「ヒルトン」も犬連れ客のための部屋を確保してある。まるで犬連れ宿泊が流行になろうとしているかのようだ。犬と暮す人が急激に増加していること、および犬の飼い方が変わってきたことにホテル関係者が着目し、新しいビジネスの方法として「犬連れOK」の部屋をつくったのである。
このこと自体は嬉しいのだが、アマノジャクなぼくは手放しで喜んでいるわけではない。「ドッグ・カフェ」、「ドッグ・ラン」そして「ドッグ宿泊OKの宿」に、ある種の「貧しさ」を感じてしまうからなのだ。生活のパートナーとして犬と暮らすなら、人間の子供に社会のマナーを教えるように、犬にも人間の社会生活の中で暮らせる躾けをして当然なので、当たり前のようにレストランに同行し、道路や公園では“きちんと”リードを外して歩き、一緒に公共の交通機関を利用し、宿では静かに過ごす。そういう躾けができない人は「ドッグ○○」に行けばよいのである。
最近、もっとも嬉しかったのは「犬と一緒でいいですか?」と尋ねることなく、平然とレストランに入れたことだ。(もっとも、オーナーと従業員の多くがフランス人!)そのレストランはグラース動物病院の近くにあって、以前食事に行った時に「今度犬と一緒に来ていい?」と聞いたら「いいよ」という返事。それではと病院に行った帰り(オープンしてすぐの客の少ない時間だ)に立ち寄って、なにも言わずにMAXと一緒に奥の席に。こちらも、あちらも、犬などいないかのように優雅な時間を過ごしたのであった。

このヨーロッパでは当たり前のことが、日本では犯罪になってしまうのは、ひとえに文化の違いが原因だ。文化、だからどちらがよいということではない。日本での犬は日本人の生活の中で「番犬」という役割を与えられ、家の外で飼われてきた。(小型犬を家の中で飼う人もいたが、それは少数派の“座敷犬”!欧米でも外飼いの犬はいるがその多くはきちんとした犬舎で飼われている)最近になって欧米のようなコンパニオン・アニマルの考え方が一般化してきたが、それは都市部でのことで、地方ではまだ圧倒的に外飼いが多い。この両方が共存しているから、人社会の中での犬のポジションが混乱するのである。
東京23区内の区立公園の殆どは犬の立ち入りを禁止している。公園で遊ぶ子供に危険(!)だということ、排泄物が汚いというのが理由である。犬を飼う人の無知、マナーの欠如を「禁止」することによって片付けてしまっているわけで、これでは根本の問題はなにひとつ解決しない。実際、公園でもホテルでも当たり前のことを知らない人が多すぎるのは確かだ。(だからぼくは、犬飼育の届出、鑑札じゃあなく犬飼育のライセンス制度を作るべきだという考えの持ち主である)つまり、社会の中で犬の行動が制限されるのは、飼い主の無知・無責任が招いたことなのだ。家の周囲、公園、レストランなどで躾けのできていない犬とその飼い主に出会ったら、「なんだ、アンタ、犬の躾けひとつできないのか!」と、居たたまれなくなるくらい思いっきり軽蔑してあげるとよいだろう。

さて、優雅なリゾート・ホテルにドッグ・ヴィラを作った「エクシブ那須白河」であるが、ハード・ウエアは素晴らしい。ヴィラのもっとも大きな部屋は150平米もあるし、床はタイル。部屋の中に犬用のシャワー・ルーム(留守番ができるケージ・ルームとしても使える)まであるのだ。だが、このリゾートはグランディ那須白河という素晴らしいゴルフ場がメインなので、コース内での事故を避けるためにゴルフ・コース内への立ち入りは禁止されている。(もっとも、ゴルフ・コース内はゴルファー以外は人間であっても立ち入り禁止である)したがって、犬が歩けるのはヴィラからドッグランまでの道のみ。せっかく練習用の3ホールのコースを犬連れで回れるようにしている(朝6時〜8時まで)のだから、もう少し犬と歩けるエリアを拡大してもらいたいと思うのはぼくだけではあるまい。素晴らしい庭園で犬を連れて休んだり、ベンチで本を読んだりできると、もっと優雅なリゾートになると思うのだ。

ぼくらの宿泊した部屋は50平米くらいであったが、MAXが滞在を楽しんだのは落ち着きぶりからもよく分かった。ぼくらにとって、そうしたMAXと居ることは最高の休暇なのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉっと、Maxの嬉しそうな顔。

>「なんだ、アンタ、犬の躾けひとつできないのか!」

先日、信号待ちで「今日も暑いなぁ…」などと思いながらボォ〜っとしてたら、いきなり右のミラーが「バァ〜ン!」という大きな音と共に有らぬ方向にとっちらかって…。その交差点、非常に長い右折レーンがあるのですが、横をすり抜けようとしたワン・ボックスがミラーを引っ掛けてしまったのです(汗)。しかし、そのクルマは止まらずにそのまま加速して行くのですよ…。
ハイ、追いかけました(爆)。追いかけ倒して先の信号でやっと追いつき「何さらしとんじゃ!われぇ!」とアドレナリン全開。が、降りて来たのはPTAの役員でもしていそうな30代半ばの女性!?
で、説諭。「逃げる前に先ず謝りなさいヨ」と。
我が子の躾けも犬の躾けも出来ないわなぁ、これじゃ。
torigen
2007/07/28 04:43
おっと、Toriさん早い!犬のPostには素早いレスポンスの毒舌Horiさんより早い。
さすが「トリゲン印」の印籠を持った京都の老公、当て逃げの女性もさぞ恐かったことでしょう。「口先だけじゃあなく、身体で謝れ」なんて言わなかったでしょうね?!
練馬のアナーキストは、最近、歩道を我がもの顔で走る無神経な自転車にニラミを利かせています。道路交通法の上では、車両である自転車は本来、歩道を走ってはいけないんですからね。ついこの間も、後ろからきた自転車がチリンチリンとあまりに無神経なので、見たらジイサン。どう走るべきかを、「説諭」してあげました。ぼくは義務教育の学校で教えるべきだと思うんですがねえ。日の丸掲げて、国歌を歌わせることで「徳育」ができると思ってる単細胞な教育再生会議みたいなのじゃ無理かな。
IKEGAMI
2007/07/28 09:06
やばい! toriさんに後れを取ってしまった!
都会の喧騒を離れて、MAX家のリゾート悠々プラン♪楽しまれたご様子何よりです。
IKEGAMIさんの仰るとおり「犬飼育のライセンス制度」導入は急務と思いますが、犬は積み重ねの体験によって覚えます。
数回で習得できるコもいれば、何十回も掛かるコもいる。
いずれにせよライセンス取得後も、飼い主さんの“根気よく”が肝心なのです。体験には時間も掛かりますからね。
ソコをバックアップしてくれる施設やカフェやレストラン、ホテルが増えてきて、昔は「トンデモナイ!!」と思っていた人達が、接する体験の積み重ねで、“見慣れた当たり前のコト”と思うようになってほしいなぁ。


hori
2007/07/28 13:07
京都にはtori老公、練馬にはアナーキスト様、で大阪にはmasta.Gが居りますヨ。ある小さな塾から自転車で飛び出してきた子が、Gさんにぶつかって謝りもせず走り去ろうと試みましたが怒鳴り声にすくんで固まって。Gさんは、その子を連れてシャッターくぐって仕舞いかけの塾にグイっと入って行きました。おびえたオバサン先生たちは「あんたが悪いねんよ。あんた、早く謝りなさいーー!!」とヒステリックに叫びつつ、おびえる子供を恐ろしいGオジサンへの生贄のようにグイグイ押し出してる姿を見ると(ダメだこりゃ)でした。MAXは元気そうで、ほっとしてる表情に見えますね。HollywoodでペットOKというホテルに泊まったんですが、安宿だからか、カーペットは湿ってるし何だか犬の匂いがプンプンしてて、しかも「かわいいのが居てるかなぁ~」と期待してた犬なんて一匹も泊まってないし、あれは失敗でした。何でもピンからキリまであると云うことですネ。
chi-B
2007/07/28 13:29
>「口先だけじゃあなく、身体で謝れ」

良いなぁ、それ(爆)。
でも、好みでなかったのよね…そういう問題じゃない!わはは。しかし、妄想は犯罪ではないですよね、IKEGAMIさん!?わはは。

Gさんは、大人しく?綿棒?じゃなくてスティックしゃぶってなさい!

昨日、loveが自爆首つりしてパニックったです(汗)。
何かの拍子に下あごが首輪にハマったらしくて、ハズそうにも一杯いっぱいに…。パニくってるから暴れ方も尋常じゃなくて、両手は引っ掻き傷だらけになっちまいました、わはは。
torigen
2007/07/29 07:18
あれれ、ぼくは26日、那須塩原に行ってました。巨匠二人が知らずに近くにいたんですねぇ(笑)。会いたかったな。
tshibuya
2007/08/03 11:48
あのう、私、那須塩原に住んでるんですけど、、、
泥水飲込
2007/08/11 13:25
あっちゃー、渋谷さんとも泥さんとも至近距離ですれ違い。よくあることですけどね(笑)。
ま、人はミステイクから学ぶことが多いということで・・・。
IKEGAMI
2007/08/12 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
EMOTIONAL SKETCH 10 犬連れ旅行雑感 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる