テーマ:MUSIC

お答えします #1~LAを楽しむ 1

LAが大嫌いだったぼくが、ここも捨てたもんじゃあない、と思うようになったのは、やはり音楽や価値観を語り合える友達ができたからだろう。(魅力的な女性と付き合ったという要素もあったかな・・・) NYの友人だと、同じことを語り合ってもなんとなく真剣勝負っぽくなるのだが、LAではのんびり・じっくり語り合えるのだ。 こういう感覚はミュージシャン…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

Time with WAR #4

Tori's Triangleと共同掲載のWARの話、第4回をお届けする。ぼくにしては異例のスピード掲載。楽しく読んでいただければ嬉しい。 WARのマネージャーであるスティーブ・ゴールドから「来ないか?」といわれたコンサートは、会場がサンフランシスコの「グレート・アメリカン・ミュージック・ホール」。バルコニー席のあるホール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Time with WAR #3

「Tori's Triangle」と共同掲載のWAR話第3回。ちょっと話が散漫だけど、お許しを。 ラフだがエネルギーに溢れたWARのストリート・ミュージックが、一体どのように作られていたかを垣間見ていただければ幸いである。ブルースやソウル系のミュージシャンには、譜面に頼らないで音楽を作っている人が多い。ジャズ・ピアニストのランディ・ウ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

Time with WAR #2

「Tori's Triangle」に寄稿しているWARの話。#2はリー・オスカーとの出会いです。 Time with WAR #2 リー・オスカーはデンマーク生まれのハーモニカ奏者。高校を出て(卒業したかどうかは?だが)すぐに、トランクひとつでアメリカに渡った。子供の頃、ハーモニカをくれたアメリカ人ピッピーの「アメリカはねえ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

Time with WAR #1

このブログを始めてからひょんなことで知り合いになったTorigenさんのブログ「Tori's Triangle」(LINKのところで紹介しているので、ぜひ覗いてみることをお奨めしたい)に寄稿することになった。音楽の現場のエピソードをコメントしていたのだが、字数の制限とかがあって中途半端になっちゃうので、それでは連載投稿しようとなったのだ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more