さようなら&ありがとう

今年一番の冷え込みだった1月15日午前3時30分、MAXが息をひきとりました。7年10カ月という、決して長くはない生涯でしたが、友達と遊び、毎日6時間も街を歩き、毎月旅をして、充実した日々を過ごせたと思います。みなさまの愛情とご理解、ご協力なしにはできない素晴らしい時間でした。心から御礼申し上げます。
画像

夜9時くらいからかなり苦しげな息をするようになって、10時半にはすぐにでも逝きそうになったのですが、「ママが帰ってくるまで“待て”でしょ」と声をかけ、膝に頭をのせてやると口呼吸から鼻呼吸に変わり小康状態になりました。昼から、立ち上がる度に息が上がり、オシッコをすると座りこむようになったので、今晩がホントの峠だと思っていたのです。できることなら大好きなママも一緒に、家族全員揃って最後の時間を過ごさせてあげたいというのがぼくの願いでした。

11時、急いで帰ってきたママの顔を見て、いったんは安心したように眠ったのですが、苦しいのかすぐに寝がえりをうち、それだけで息があがるという繰り返しになりました。そして何回も立ち上がろうとするのです。1時過ぎにはすっと立ち上がり、ドアのほうに歩いて行って、外に出ようとする。これは多分排泄だろうと思えたのですが、タイルの上に寝かして「ワンツー」と言うと、尻尾を上げていきみ、立派な大便をしました。留守番の時の下痢以外で、彼が家の中で排泄したのは初めてのことです。
これでほっとしたのか、しばらくは眠っていましたが、3時半近くにまた立ち上がり、ドア前のタイルのところで力尽きへたり込みました。すると次の瞬間、首があらぬほうを向き、視線が飛んだのです。ああ、いよいよお別れだと感じたので、「ゆっくり寝なさい、頑張らなくていいよ。ありがとうね」と声をかけました。全身を抱えて横倒しで寝せると、それまでになかった、痙攣ともつかぬ息。「虫の息」なんでしょう。
その息が次第に弱くなり、MAXは逝きました。

さよなら、MAX。きみのことはずっとずっと忘れない。たくさんのギフトと幸せな日々をありがとう。
You are the ONE !

画像

"さようなら&ありがとう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント