地震続き

画像

このところ地震が多い。それも比較的に大きな揺れが群発的に起きている。雑誌などの特集記事を読むと、東海地震よりも房総半島から相模灘にかけての地震空白地域に警戒しろというものが多いようだ。以前、地震雲についてPostしたらかなりのレスがあったのだが、いつも変な雲を観察しているぼくの携帯にはたくさんの画像が残っているけれど、いわゆる「地震雲」らしきものを見てもいっこうに地震は起きず、やっぱりなあと思っていたのである。ところが8月9日に見た雲は、垂直渦巻き型のもので、これまで3回この型をみているが3回とも3日以内にかなり大きなのが起きている。
「こりゃあ、くるかもしれないぞ」と言っていたら、きたのだ!その日の20時ちょい前、近所の和食屋で夕食を食べていたら、まずカウンターの上のワイングラスがカチカチいい始めた。そしてフラー、フラーという大きな揺れがかなり長い間続いたのである。携帯のニュースサイトで地震速報を見ると中国地方から北海道まで揺れている。こういう揺れの地震は震源が地中深いところのものに多い。やはり、深さは333キロで、東海道南海沖であった。
そして、11日早朝、駿河湾を震源とする震度6弱の地震が発生した。
まあ、雲と地震の因果関係については研究機関は一応、否定しているが、イオン分析による予知などはかなり研究が進められているようだ。
まあ、地震の前兆となる確立の高い雲を見たからと言ってどうということはない。(あまり頻繁に言ってると預言者っぽくなっていやなのだ・・・)
だけど、なんだか得をしたような気分になるのである。ははは。

"地震続き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント