ブログ版 マイルスとの2時間 4

画像
<転がるしか能のないボールで遊ぶ“帝王“>"続きはまたずっと待ってからですよね。(T△T)"(chi-Bさん)
っていわれないように、緊急アップ。前回でやっとマイルスに対面。ここからがアンユージャルなジャーナリストのプライドを賭けた時間が始まるのである!

マネージャーのピーターのすすめもあって、ぼくらはリビングに置かれたソファに座ることになった。マイルスはまたベッドルームに戻り、スケッチブックのようなものを持ってきた。
「お会いできてうれしいです」
と手を差し出すと、無言で手を出してきた。握手の瞬間、マイルスの目はぼくが持参した紙袋に行っている。
「それは土産か?」
「そうです」
ぼくが袋を渡すと、
「いま開けていいか?」
と聞いてきた。(まるで子供じゃないか!)中には”ドラゴン・ボール”というラジコンの、床の上を転がるボールが入っていた。(ボウリングのボールのように見えるだろう)
“帝王“は「なんだこりゃ」というような顔をしている。
「これは日本製のトーイです。ラジオ・コントロールで床の上を転がりますが、それ以外はなにも出来ません」
ぼくはコントローラーを使って、ボールを前後左右に動かした。
「オー、ヤァー?」
マイルスが子供のような表情となった。
「よし、オレにやらせろ」
だが、なかなかうまく動かせない。重心の移動が出来ないので、車のエンストのようになってしまうのだ。
「どうしてうまくいかないんだ?」
ぼくは最初の賭けに出て、思い切って言ってみた。
「どうしてかなあ?ボールに嫌われてるんじゃあないのかな」
またマイルスが、ジッとぼくの目を見た。だが、あの他人を無視するような、冷ややかで高慢な目ではなく、目尻に笑いが浮んでいた。
「ファック・ユー・・・・」
数分後、ようやくボールのコントロールが出来るようになると、ブツブツと呟きだした。
「このボールを使って、ステージの上にトランペットを運べないものかなあ」
「だめですよ、出来るのは床の上を転がることだけです」
みんな、ドッときた。ようやくみんながリラックスしはじめた。
「みんな座れ! で、何か飲むか?オレンジ・ジュースもぺリエもあるぞ」
じゃあ、ぺリエをと言うと、ピーターが慌てて、
「私がやりましょう」
とマイルスに近づく。
「ノー、オレがやる」
ぼくの頼んだぺリエを手にソファに戻ってきたマイルスは、先に右手を差し出してきた。
「サンキュー、おもしろい土産だぜ。転がるだけってのがいいな」
おー、分かってくれたか、第1ラウンドから機先を制するチャンス到来だ。通訳に向かって、
「このチョイスはあなたの存在と音楽に対するものです、って言ってください」
と頼んだ。通訳のマーサは
「エーッ、そんなこと訳していいのかなあ」
と心配している。
「いい。いい。もっと危険なことは後から自分で言います」
というと、ニッコリ笑ってマイルスにぼくの言葉を伝えてくれた。
「ケッ!」
というのがマイルスの反応であった。

「オレに何を聞きに来たんだ?」
「今年の夏、あなたは日本で演奏することになってますが・・」
と言いかけると、マイルスはこちらの質問を手でさえぎり、
「タッ、ターン、タッ、タッ」
とメロディを口ずさみながら立ち上がり、サイド・テーブルに乗せてあったスケッチ・ブックを取ってきた。スケッチ・ブックを開く。そこには顔や、ダンスをしているような人間がクロッキーのようなタッチで描かれていた。
「これは湧いてきたイメージを次から次へとスケッチしたものなんだ。そういう風にドローイングしている時はとてもリラックスできる。ほれ、このモチーフがこっちのモチーフにつながった。で、これが次を生み出すんだ。ところが、ここで電話がかかってきて、シューッ、終わりさ。
いいか、音楽も同じなんだ。わかるか?あるテンポやリズムにのって演奏してると、連続して発展していくが、それがなにかによって中断されちゃうと、終わっちゃうものなんだよ」
”YES"と相槌を打っていると、マイルスがこちらを見た。なにかカウンターを打たなくてはなるまいな。
「ぼくもそう思う。イマジネーションを必要とする作業はみんな似ている」
と言うと、
「ファック!」
と呟き、ぺリエをひと口飲んでまた勝手に話し出した。そうか、ウエイン風解釈をするなら“気に入られた”のかも知れない。じゃあ、好きなだけ話させてみよう。

「昨日の夜、ラジオ・シティ・ホールに”キャメオ”を聴きに行ったんだ。そこで、リーダーのラリー・ブラックモンから、ヤツの曲を渡されたんだよ。前に、オレがなにか作曲してくれって頼んであったもんでね。で、ショーの合い間に、通りの向いのヒルトンでレセプションがあって、ラリーが来てくれというから行ったんだ。そうしたら偶然、昔オレがボクシングを習ってたリー・ブラックっていう男と出くわした。そこでな。”ヘイ、リー、どうしてこんなところに居るんだよ?”って聞いたら、“ラリーはオレの息子なのさ”だってよ。リーはオレにボクシングのダーティー・トリック---肘打ちとかサミング、わかるか?---を教えてくれた男だ。グローブを濡らしてパンチが切れるようにするなんてトリックもあったな。
そういえば、ヤツは当時6歳か7歳の息子をよくジムに連れてきてたんだ。その息子がミュージシャンになりたいって言ってるらしく、リーが相談してきたことがあるんだよ。オレは“音楽なんてドラッグみたいなものだ”って言ってやった。簡単になれるなんて思わせちゃダメだからな。でも、その息子はミュージシャンになって、それがラリー・ブラックモンだったんだよ」
マイルスがなぜ突然、”キャメオ”やボクシングの話をしてきたのか、その理由は分からない。おそらく、機嫌がよかったので思いつくままに語りだしたのだろうが、これはインタビュアーにとっては“タナボタ”のチャンスなのである。セットアップされたプロモーションのための話ではなく、ナチュラルなイマジネーションの展開による世間話が出来るかもしれないのだ。



"ブログ版 マイルスとの2時間 4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント