さあ、今晩だ!

いよいよ「トチカ2010」が今晩に迫ってきた。
渡辺香津美のツイッターを見たら、昨日のリハーサルの写真がリンクされているじゃあないか!
http://twitter.com/watanabekazumi

一昨日、香津美さんがぼくのブログのレポートを呟いてくれたら、あっという間に1,000クリックをオーバーした。アクセス・レポートを開くたびに数十単位でクリック数が増えるのである。動画のライブを除くインターネットのニュースやブログはタイム・ラグがあるわけだが、ツイッターはリアル・タイムでコミュニケーションが進行していることが多い。このスピード感はステージ上の音楽に似たところがある。(進行の軸に乗り遅れるミュージシャンがいたりするところも。笑。)

今晩、ステージをともにする渡辺香津美とマーカス・ミラーはこうした新しいメディアやデバイスをフルに活用するタイプのミュージシャンである。というより、要するに好きなんだな、新しいものが。
マーカスなどは多忙な音楽家ランキングの上位に位置しているというのに、WEBでファンのコメントにきちんと答え続けているし、ツイッター、Facebookも活用している。そこにUpされた写真などを見ると、この世界的なベーシスト/プロデューサーの楽しそうでイタズラ好きな顔が見えてきて微笑ましいのだ。
URLを紹介しておくので、興味のある方はどうぞ!

http://twitter.com/MarcusMiller959/
http://www.facebook.com/MarcusMillerOfficialFanPage/posts/147671891930930#!/MarcusMillerOfficialFanPage
http://www.marcusmiller.com


画像


さて、夢のリユニオン・コンサートは数時間後に迫ってきた。こんな顔ぶれの演奏はもう聴かれないだろうなと思うと、嬉しくもあり寂しくもある。2日に銀座YamahaStudioで美しくロマンチックな音の世界を見せてくれたマイクとウォーレンが、今日はKazumi~Marcus~Omarの強力なサウンドにどう対抗するか興味はつきないのである。

渡辺香津美40周年の核となる今週のイベントに、マーカス・オマー・レニーという幼馴染のジャマイカ(といっても、カリブのジャマイカではなくNYクイーンズ区ジャマイカ地区)・ボーイズが集まったのは、何かの縁。これを機に何かが起きるような気がしてきたのだ。

「トチカ・オールスターズ2010」の次にステージにあがるのは、これまたリユニオンのザ・クルセイダーズ。ブログ仲間の「闘魂クルセイダーズ大全」の立花さんや、Gパパさん、HYさん、不惑さんらが国際フォーラムにやってくるようだ。ぼくは取材があってこのステージを聴けないのだが、みんなと一緒にウィルトンの回復を祈りたい。

Enjoy music!

この記事へのコメント

半斤八両
2010年09月05日 18:33
よっしゃ、録音準備完了です!
IKEGAMI
2010年09月06日 00:40
半斤さんさん、どうもです。
クルセイダーズのステージは楽屋に流れるモニターで聴いてました。
ウィルトンがいないけれど、やっぱりクルセイダーズの音。歴史と血というのは素晴らしいと実感しました。

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: さあ、今晩だ! 池上比沙之のThings what I feel/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-06 05:37
  • VISVIM サンダル

    Excerpt: さあ、今晩だ! 池上比沙之のThings what I feel/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 19:24