誰がいいのかなあ?

LEE OSKAR live at PitinnのPost、およびLINK先Blogで話が出ましたLEEの新しいCDはこれです。4名の方に本日発送いたしました。
2曲Lowriderband(ハワード・スコット、ハロルド・ブラウン、B.B.ディッカーソンが参加しています)のメンバーによる新曲、1曲アイアート・モレイラ&フローラ・プリムが加わった演奏で全14曲が収められています。
犬仲間のhoriさんに聴いていただいたところ、「リー・オスカーの曲って、どれも似たフィーリングなんですね」というお言葉。そうなんです!とくにスタジオでレコーディングされた演奏はそうです。まるで金太郎飴のリー・オスカーがこれでもかという感じで鳴ってます。
でもライブでは、多くの人が抱いているLEEの音楽イメージとはかなり違ったダイナミックでファンキーなサウンドを楽しむことが出来ます。特にアンコールのブルースの演奏は、いつ終わるのか心配になるくらいエキサイティングで、延々と続くのです。ソロがつまらなければ「いい加減にしろ!」と言いたくなるんでしょうが、これが面白いものだから困ります。終電だってあることだし・・・。
昨日、LEEと電話で話して「CDが足りない、ハーモニカのロゴTシャツも必要」と言っておいたので、そのうちに届くでしょう。4名以外の方はのんびりとお待ちください。
Blog仲間以外の人でこのCDが欲しい場合はLEEのWebから購入できます。
http://www.leeoskar.com/
です。扉のアーチスト写真をクリックし、次のページの「ARTIST」のところから入れます。

画像


画像


さて、この下の写真は80年代半ばのWARのWorld Tourのお宝ポスターです。(スポンサーはビールのクアーズ。ハロルドとBBはもうメンバーではなく、チャールズが強盗に刺殺された後のWARです) LINKしている「林泉」が大事に保管してくださってたものです。1枚だけしかありません。ぼくが持っててもしょうがないので差し上げますが、誰に送ればいいのか、よいアイデアはありませんか? どうしても自分が!という方はその理由をコメントしてください。複数の場合は皆さんで審査をお願いします。

このほかに、そのワールド・ツアー用のカラー写真がスライドで数十枚出てきました。こちらはToriさんコネクションでデジタルおこししていただき、今後のPostで使用したいと思ってます。京都のNasty Old よろしくね。
ということですので、ご報告まで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chi-B
2007年11月22日 00:42
BIG UP for your amazing openess!
I've got nuttin' but LOVE for you.
いつも魂の栄養をありがとうございます。
Faithfully.
半斤八両
2007年11月22日 00:50
う~む。
ワシには猫に小判です。
でも、かっちょいいぞ、このポスター。
K.T.
2007年11月22日 02:20
はじめまして。
2週間経ってもライブ演奏の興奮がおさまらず、寄らせて頂きました。
今までバンド形式の演奏を観る機会がなかったので、Pitinnでの演奏、本当に良かったです。
やはりCDとは違っていました。ソロ演奏もバンド演奏も、もっと聴いていたかったです。
とは言っても、観ることが出来たのは、一日目の後半のみですが・・
二日目は最初から観るつもりで意気込んでいたものの、結局新宿駅に着いたのは22時40分。もしかしたら1曲だけでも観れるかも、とタクシーに乗ったものの、とってもあやしい場所で降ろされ、息せき切って会場に着いたときは、満足そうなお客さんの出てくる姿が・・
半泣きのまま物販だけ参加させて頂きました。
次回を今から楽しみに待っています。

CDは会場で買うことができたので、繰り返し聴いています。
あまり本文に関係ない話だったでしょうか。失礼致しました。
IKEGAMI
2007年11月22日 10:04
お、半斤さん控えめじゃあないですか。クルセイダーズ物だったら、性格を変えてプッシュするでしょうね。
K.T.さん、はじめまして。Welcome to my site! Pitinn初日後半だけでも聴ければいいよね。このBlog仲間のToriさんや、トップでコメントを入れてくれたchi-Bちゃんなんか関西在住なので音にタッチできず、地団駄踏んでましたから。わはは!(と真似る)
Pitinnのgigで、物販の案内をしてたのがぼくです。今回の演奏はLEEが横浜で行われたハーモニカ・フェスティバルにメーカーとしてやって来たので実現したものです。ご存知のようにPitinnはハード・コアなジャズが主流ですが、有無を言わさぬファンキーで楽しい演奏にオーナーは「1年に1回くらいやろうよ」と言ってましたし、店長は打ち上げにまで来てくれました。ホント、あのライブ・ハウスには音楽を育てて行く気概が満ちています。またライブ空間でお会いしましょう!
torigen
2007年11月22日 11:55
どう自分に言い訳しても納得できないことがあります、その一つが今回のLeeのライヴ、わはは。
Crusadersの大阪Blue Note公演以来ホンキでガックシ来ました。しかし、足を運んだ方達の感想など聞いてる(見てる)とこちらまで興奮が伝わってくる気がしますネ。

しかし、IKEGAMIさん、よくそんなポスター残ってましたね?持ってるのが半斥さんなら兎も角。

ワールド・ツアーのスライドですかっ!!それはまたお宝ですやんかいさ!おまかせ下さい、デジタル化でも何でもっ!!わはは。
K.T.
2007年11月23日 00:54
IKEGAMIさん、ありがとうございます。
Pitinnで物販の案内をされていたのがIKEGAMIさんでしたら、少しだけお話をさせて頂いたかもしれません。

ごめんなさい、と最初に謝ってしまいますが、僕の書いた文章ちょっと間違っています。「一日目の後半のみ」と書いたのはPitinnでの演奏のことで、土日の楽器フェア、月曜の山野楽器も観ているんです。どうしてもバンド形式で聴きたい曲があって、Pitinnにも足を運びましたが今回は叶いませんでした。冷静に考えたら4日間の演奏を観ることが出来たので、充分恵まれていたのかもしれません。

観に行くライブといえばほとんどハードロックばかりで、Pitinnは初めてでした。初日のPitinnでは、前半終了あたりに会場に着くと、会場の方がご親切に飲み物を持って、ずいぶん前方の席に案内して下さり、恐縮してしまいました。本当に優しい雰囲気の空間で、演奏している側の楽しみぶりも伝わってきました。

いつかまたあの場所で、楽しみたいと思います。ありがとうございました。

また本文とかけ離れた内容になってしまいました。失礼致しました。
Gパパ
2007年11月24日 15:51
池上さん、CDが届きました!
聴かせてもらってますが、Leeの奏でる優しい音が、天気のいいお昼に心地よいです。
いやぁ~、しかし打ち込みの音が否定できないような時代になってきてますが、やはり生音は気持ちがいいです!
リアル・ミュージック、ヒューマン・サウンドが良いです!
IKEGAMIさん、Mr. LEE OSKARありがとうございます!
torigen
2007年11月24日 16:24
ほんと、心が洗われるって感じしますヨ。
LeeのHarpは包容力あるよネ!
chi-B
2007年11月24日 21:04
Thank you. I've got it, too!!
今さっき家に帰ったら、私のところにも無事に届いていました。ありがとうございました!取り急ぎ、お礼&到着の報告です。<(_ _)>
IKEGAMI
2007年11月25日 11:56
お三人さん、コメントありがとうございます。楽しんでいただければ嬉しいです。

Toriさん、chi-Bちゃんは独立Postとして採りあげてくださってますので、どうぞ覗きに行ってください。覗いても軽犯罪法違反にはなりません。
>Woodieさん、お二人のブログは面白いから、どうぞ! ここのトップページの<テーマ>の一番下にLINKというのがありますから、そこから飛べます。近日中にLINKをもう少し増やすつもりですのでよろしく。
2007年11月28日 21:24
私にも送って下さり感謝です。ここ数日忙しかったので、やっと今日聴きました。ハーモニカの音色と伸びがなんともいえないなぁ。金太郎飴は金太郎飴なんだけど、何個でも舐めたい金太郎飴!(笑)

この記事へのトラックバック