SALON on the POND SEPT.'06

もう9月の中旬だというのに、SALONの9月版立てるの忘れてました。最近のPostに関係ないことや、質問、ご意見の発表などにどうぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

泥棒のめり込み(爆!)
2006年09月19日 23:16
アメリカで一番はカントリーミュージックかな?これ以外聞いたことも無い人が大勢いるみたい。宇多田ヒカルを知らない日本人は知っている人より多いでしょう。
いくらビートルズが有名でもレコード持ってる人は人口のほんの僅か。サージェント~でも総セールス枚数1170万枚。(雑誌SIGHT誌による)
マイルスのカインド・オブ・ブルーでも300万枚とか。
音楽を真剣に聴いている人は多いようでそれほどでもない!と考えれば、ジャンルでどうこうも小さな事かも知れません。
でもな~私は音楽が大好き。出来れば表現する側になりたかったけど(?)棚のCDは増え続けるばかり。偏り有るけど。
あまりにもお手軽・軽薄・マーケットインの音を一時的に消費する人は別として、ここにコメントする人たちのようなコアな音楽ファンが増えるといいな。
=今日のゴンちゃん=
お気に入りの遊び(ふきんやおもちゃを私と引っ張り合う)を30分。私のことは遊んでくれる人、嫁さんはご飯をくれる人、長男と親父は散歩に連れて行ってくれる人、次男は不思議な人?。自分のことは何だと思ってるんだろ?鏡をみて毛を逆立てていました。
IKEGAMI
2006年09月20日 00:49
おお、のめりこみの泥さん!
そうですね、カントリー&ウェスタンが一番。あそこの国の人は平均的には田舎者だから。ぼくはあまり聴きませんが、カントリー系でもJDサウザーみたいにエネルギーのある音楽をやってる人もいますよね。「大衆」の原像は「他人と同じ」だと安心することですからねえ。
あしたからMAXを連れて八ヶ岳に行ってきます。できれば帰路、山中湖で泳がせてあげたいと思ってます。MAXの喜びはぼくらの喜び、という生活のなってもう4年半もたちました。来月は還暦だぜ!
Andy
2006年09月20日 07:48
Ikegamiさ~ん、Natalie Cole最高でした~。
ステージは観客と一緒に作るものだという事を体感してきました。
近くにSamuel L. Jackson、Michael Jordanが座っていたりしてLAライブデビューなのにハリウッドスター達と同じ時間を過ごせたなんて幸せでした。まだまだ興奮状態が続いておりますので落ち着いたら改めて御報告に伺います。
(chi-Bさんマンゴーの香りのロウソクやソープ買って来ました~豪邸めぐりも・・・・・)
Ikegamiさん八ヶ岳ですか、行ってらっしゃ~い。
chi-B
2006年09月22日 00:28
IKEGAMIさんは今ごろは八ヶ岳でしょうか。MAXくんかわいいです。頂いた写真を見てmasta.Gは「かわいすぎてヨダレ出るわ」と言ってました。泥さんのごんちゃんはビーグルですよね。またこの子も可愛いんやろなぁ。私はよそ様の犬達をガン見してばっかりです。隙を見て触ったり、そっと呼んだりして怪しい人です。Andyさんも最高の時を過ごされたようで、よかったよかった♪アメリカで見るLIVEは日本で見るのと違うんですよね。仕方ないです。お国柄ですからね。こんな私の音楽でさえも立ち上がって踊りだしてくれるような、そんな陽気な人たち。マンゴーいきましたか!女の子らしいですねぇ、さすがに。豪邸巡り…ウケマス。私、初めて東京に行った時わざとハトバスでツアーしたのを思い出しました。外国人用に英語ツアーとかあるんですよ。母と一緒だったので日本語のにしましたけど。
IKEGAMIさんを直接知らない私には、還暦って信じ難いです。でもおめでとうございます!!ますますFONKYで行って下さい!(funkyは今はこう書くのですよ。theもthaです。最新ヒプホプ式w)
泥水飲込
2006年09月22日 11:47
還暦~。それで八ヶ岳ぇ~。MAXとぉ~。
お天気とかどうなのかな。いいな、それ。

私も身体を鍛えないとなぁ。事情があって今年ジム通いを止めたら太ったし~。ゴンちゃんと全力疾走辛いもんナ。
Andy
2006年09月24日 09:47

Ikegamiさん、LAでのライブレポートを書いてみましたので紹介させてください。
LA情報を教えて下さった沢山の皆さまにこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうござました。

サンセットブルーバード沿いのViper Room入り口は閑散としていてドアマン風のがっちりした体格のお兄さんが居るのみ。「早く着きすぎたのかな?」
と話している所へ丁度数組のカップルが現れお兄さんに質問していたのを聞いて角を曲がった方の入り口であることが判明。
角を曲がると15人から20人位の列が出来ていたのでここは「Natalie Coleの列ですか?」と尋ねると初めての人が多いらしく「多分」の返事ばかりで皆で大笑い。
私が思うにはこのライブハウスは普段は若い人しか来ないのではないか?と。今回はNatalie Coleのショーなのでやって来た『若い』からちょっと時間が経過した人が多かった様でした。でもそれだからこそ待っている間もとても優しく接してくださっ
た夫婦に最後までお世話になる事になったのでした。
Andy
2006年09月24日 09:48

列で待つ事約一時間の間に私の不安が・・・・持っていったフォームがみんなのと違う。何度かメールと電話で問い合わせをしたのにも関わらず『判らない』と言う人しか対応に出ないので予約が取れているか不明のままの強行でしたがやっぱり予感的中。「予約が取れてないよ。」の返事。
何度も問い合わせしたのにちゃんと答えてくれなかったのだと言う事や日本から来たのだからと受付のお兄さんには関係のないことを色々と言ったら、「うん、判るけれども今日はもうパソコンも見れないし・・・。」と言う
返事。席に余裕があれば入れるのか?と尋ねるとお金を払えば入れるとの事「もう~そんな事なら早く言ってよ」って日本語で言いながら店内へ。一人35ドル支払った後いざ2階のハウスへ入場。
とにかく中の狭い事にビックリ。お部屋で言えば24畳位の広さかなあ?っていう位の広さでした。そこにステージがあってバーカウンター、10人分位の予約席があるのみ。後は全員立ち見席。
私達は何か困った事があったらいけないので先ほどの夫婦に着かず離れずの位置をキープ。
Andy
2006年09月24日 09:52

そこへやって来たのがSamuel L. Jackson。この人映画スターじゃないかな?と思っていると私の横に私の背丈の2倍はありそうな大きな人が。
「わ~大きい人」と思って居ると先ほどの親切なご夫婦の奥さんが「貴方たち小さいから気づいていないかもしれないけれどもバスケットのMichael
Jordanと俳優のSamuel L. Jackson。」って教えに来て下さいました。
その後、外の列で後ろにいた御夫婦も「貴方たちは入れたのね~良かった。」って声を掛けてくださってLAでの初ライブとは思えない暖かい雰囲気の中でライブは始まったのでした。

ライブはとにかく凄いの一言。ライブとは観客と一体になって作りあげて行くものだという事を実感しました。日本だと英語での受け答えが上手くいかないからあの雰囲気にならないのか、あの狭いハウスだからあの受け答えが上手く行くのかとにかく今までに経験をした事の無い一体感。
Andy
2006年09月24日 09:53

Natalieのドレスの肩紐がほどけるハプニングがありました。結んでもらう間にBoys、Girlsに分かれて歌ったり、ゴスペルの曲の時にもみんなで歌ったり、盛り上げ方もさすがNatalie Cole!と言う風格でした。
今まで日本でも色々なライブを観て感動していましたが涙が流れてきたのは初めてでした。ライブの素晴らしさとNatalie Coleの歌う事への情熱が感じられて何故か涙が出てきました。
9時20分頃から始まりアンコールまで終了したのは11時。1時間半近くも立っていたままだとは思えない、もう言葉では言い尽くせない時間でした。やはり思い切って行ってみてよかったなあと思いました。

Andy
2006年09月24日 09:55

ライブ終了後、私達はタクシーに乗ると言う最後の難関が残っていたのですが、Viper Roomではタクシーは呼んでもらえない事を知っていたので
(出かける前にホテルに電話したらホテルから呼んでもらえることは確認して出かけて居たのですが)あの例の優しいご夫婦と共にライブハウスを出て、「コーナーで拾ったら乗れるよ」と言うドアマンのお兄さんの教えの通り、信号待ちで止まってい
るタクシーをご夫婦に拾ってもらい無事にホテルに帰り着いたのでした。

J・AGE
2006年09月24日 16:20
おお、Andyさん、どきどきあり、楽しさあり、そして優しい人たちとのふれあい有りの旅ですね!
最近、航空会社はリコンファームがいらないことが多いのですが、先日上海でなんとなく虫がしらせて確認したら私の予約が入ってませんでした!旅のハプニングは基礎的なところで襲ってきますね!!
Andy
2006年09月24日 17:11
chi-Bさん、J・AGEさん楽しい旅行でした。
旅先で優しくして頂くと本当に嬉しいものです。私も福岡で観光客の方が困っていらしたらなるべく声を掛ける努力をしています。先日は中国の方が探していらっしゃる回転寿司のお店を教えてあげましたがお互いが片言の英語で大変でした。(笑)

この記事へのトラックバック