極私的ジャズ入門 3

ずいぶん間があいちゃったけれど、「Jazz What I Feel」の第3回目である。

第1回、第2回ではJazzは分かりにくいからこそ面白い、自分勝手に聴くとさらに面白い、と(遠い過去に)書いた。人は学習で得た知識によって豊かになると思い込んでいるが、その僅かな知識に縛られ、振り回され、逆に世界を狭くしてしまうこともあるのだ。
例えば、JAZZを聴くようになってしばらくすると、有名なミュージシャンの名前を覚える。そうすると彼らが演奏してるのだから、よい演奏なのだと思い込む人がいる。(まあ確かに、彼らの演奏は素晴らしいものが多いけどね!でも、彼らだってゴミみたいな時もある)要するに、音楽の前に自然体で立てなくなってしまうのだ。また、ジャズ・スタンダードと呼ばれる曲を覚えると「やっぱりジャズはスタンダードじゃなくちゃね」なんて言いたがる輩が増える!有名ミュージシャンが演奏するからよい音楽なのではなく、よい演奏を続けるから有名なミュージシャンになるのであり、スタンダード曲にいたってはジャズとして演奏するのに適した構造を持った素材にすぎない。童謡だって「ソーラン節」だって、素晴らしいジャズとして演奏することは可能なのである。

誰もが知っているように、日本のジャズはアメリカのジャズを模倣することからスタートした。このことがミュージシャン、聴き手の双方に影を落としているのではなかろうか。多くの人が「ジャズの本場・アメリカ」という意識でジャズを聴いているし、本来は自分の演奏こそジャズと思わなくてはならないミュージシャンまでもが、心のどこかに発展途上的コンプレックスを持っていることがある。
これは過渡的にはしょうがないことなのだろう。(外国人が日本の伝統芸能を志したら、おなじようなことになると思う)
「ジャズは虐げられたアメリカ黒人の音楽だ。だから俺たちは彼らの気持ちを理解しなきゃホンモノのジャズはできない」
といって、何日も公園のベンチで浮浪者と一緒に寝泊りしたミュージシャンもいたのである。笑い話ではなく、大マジ!駐留軍の兵隊から回ってきたレコードは、誰かのアパートに集まって磨り減るまで聴いて、音色やフレーズをコピーすることになる。お手本なのだ。
そうして身に付けたサウンドで演奏できるミュージシャンは、仲間たちから「あいつは舶来の音出してる」と言われ、敬意と羨望の対象となった。ミュージシャンにしてこうなのだから、ファンの心理はアメリカ一辺倒。ジャズ雑誌はというと、つい先ごろまでレコード紹介と、アメリカのジャズ・シーンのレポートを主要記事として、「本場」の事情を知りたがるファンのニーズに応えていたのだが、それが日本のジャズ環境を貧しくしてしまった元凶だといえよう。

ぼくが敬愛するピアニストで作・編曲家の渋谷毅さんはこの「本場」という言葉や、「本物」という表現が大嫌いなひとり。
「だって音楽に本物も偽者もないでしょ。全部、ホンモノ!ぼくが個人的に好きな演奏、嫌いな演奏っていうのはあるけどね」
と言っているし、最近のブログでは<・・・「本格」を目指す人が多いように感じられて、その素朴さに辟易することがあります。ジャズをやる人が「本場ニューヨーク」などというのと同じことでしょう。>と書いているし、<・・・歌に一種の「切実さ」が感じられることです。そういうことが感じられなかったら音楽をやっていてもしょうがないとぼくは思っていますが、・・・>と、音楽にとってもっとも重要なエレメントを指摘している。彼が好んで共演するミュージシャンは、みんなその切実さ(その人が音楽を演奏しなくてはならない、個人的な理由)を強く持っている人ばかりである。淺川マキ、古澤良次郎、高田渡・・・。小澤健二にいたっては、「彼が音楽ってこういうものだろうと思ってる部分に共感できるから」と言って、共演していた。生き方そのものがジャズなのだ。

ジャズをフォームで理解して、「やっぱりジャズは4ビートだよね」なんて言って、チンチキ・チンチキと50年も変わらないような演奏を聴かされるより、グレン・グールドの弾くバッハのほうが素晴らしいジャズとして耳に入ってくるのだから、人間の持つジャズ感覚はかなり複雑で、ミステリアスなものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

J・AGE
2006年05月15日 17:16
音楽は自由なモノでやる側も聴く側も本来気持ちがいいようにやるべきだよね、とは困ったときの私の言い訳。
幸か不幸か学習効果と知識蓄積力のない私にとっては何を聴いても新鮮です。とはいえ、このすべての不足がなんとなくコンプレックスに。
気分が楽になるお話をきかせていただきました。
泥水飲込
2006年05月15日 17:40
人それぞれ。
ジャズの場合、名盤や定番が多いから、こんなことになるんですよね。
元はロックな私は、「もっと自分好みのカッコいい音が聴きたい!」と、いつの間にかジャズコーナーに立ち入るようになりました。
ミュージシャンも「誰もやっていない音を追求だ!誰も俺が凄いと思う音楽を聞かせてくれないから、俺が演奏してやる!!」って感じのが良いですよね。
その人しか出せない音!(味とか?)に共鳴するのがリスナーも楽しいんだよなぁ~
半斤八両
2006年05月17日 00:38
うぅ~。
有名人に弱くて、雑誌やライナーをすぐ信じちゃって、そんなワシには耳が痛いです。
かといって有名人に勧められると何でも聞いちゃうかというとそういう素直さもないわけで。
こんなワシって、ちょっとバランス悪いのかもしれませんけど、ま、いいかなと。
泥水飲込
2006年05月17日 08:48
雑誌なんかを信用して、酷い目にあった経験は数え切れず。一度しか聴いていないLPやCDも多くて。
かといって、何の情報も無しでは買い物も出来ないし。
IKEGAMI
2006年05月17日 14:09
わはは。
そのバランスの悪さが半斤さんたる所以なんです。素晴らしいデータ・マンである自分を誉めてあげなくちゃ!

泥さん、そうなんだよねえ。ぼくだって、ブラジル物を10枚買うと聴き返すのは2、3枚。ジャズの新録音物だって同じようなものです。そのうちに駄作を楽しく聴くように耳が変化しますよ。ははは。
torigen
2006年05月17日 20:36
池上さんの言おうとされていること尽く納得します。
これから、blogでも書こうと思ってはいるのですが生半可に書けば誤解を受ける可能性もありなので…。

プレイヤの人種とかランクでなくて、個人の質の問題なのだ!と思ってます。それと願わくば環境のネ。
2006年05月19日 14:45
Jazz is a four-letter word. (笑)

で、僕はSJ誌やジャズ喫茶の親父の本が気持ち悪くて、書店でも近寄らないようにしてます。

この記事へのトラックバック