池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS 匂い

<<   作成日時 : 2010/09/06 17:29   >>

トラックバック 0 / コメント 6

猛暑だった夏も終わりが見えてきた。
それが実感できるのは、日が落ちたあとに吹き出す西からの風。秋の匂いが漂い始めたのだ。
犬はその匂いを敏感にキャッチしている。つい先日までは、暑いから家に戻る、といっていたのに歩く距離が倍以上になってきた。
8月の半ばに行った会津では、猛暑の中、磐梯山中腹の木の葉が色づき始め、ススキの穂が出始まっていた。
高校の担任が生物の教師で、卒業時の寄せ書きに「自然は裏切らず」と書いた。生意気なぼくは「摂理とか常識を破ろうとする動きがあると、やがて自然に裏切られるようなことだってあるんじゃあないですか?」と反論してみた。
すると変人と言われた教師は「お前のいうのは50年とか100年単位のことだろ。自然にとって500年くらいはほんの1ミリにも相当しない長さなんだよ。もし、100年くらいで大きな裏切りがあったら、それは裏切りじゃあなく自然の復讐だな」というのだった。

画像


もう少し涼しくなったら、荻窪や西荻までルーカスと探索に出かけたい。半年足らずで新しい店もずいぶんオープンしたようだからね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Nice pic! I love the colors.
今年はルーカス君といっしょに、またlong walkの再開ですね。もうオリオン座も出てますもんね。オリオン座が出ているときは犬の季節、とこれはIKEGAMIさんから教えてもらったフレーズでした。なんとはなしに気に入って、頭に残ってます。風邪をひかないようにお気を付けて散策して下さい。
chi-B
2010/09/07 02:09
コンサート、お疲れ様。
ぼくにとってオリオン座はMAXと同義語なんです。8回もオリオン座の季節を震えながら(ぼくだけですが)毎晩歩き、中天にオリオン座が輝く1月に星になりました。あの三ツ星を見るとMAXの顔が甦ります。
今年はルーカスと見るんだろうなあ。
IKEGAMI
2010/09/07 10:31
個人的な好みですが、ちょっと年老いた和犬が夕暮れの野っ原で鼻を持ち上げて風の匂いを嗅いでいる風情がしみじみとして好きです。
一日も早く秋の訪れを切望せずにはおれません。
何故って我が家の真ん前の小学校では、来週末18日の運動会に向けて校庭で猛練習。時々放水して子供たちに涼を与えたり、その他の工夫もしてるとは思う。
でも何だかね? この暑さの中、18日に決めた訳を知りたいです。季節は逆ですが、八甲田山の悲劇を思い出したりしています。あの時ロシアとの寒差を考え、下着を夏仕様にしたと後で知り、驚きと共に怒りで震えました。
・・こんな訳で、あまりの暑さにくたびれながら怒っているんですよ、ワタシ。
hori
2010/09/07 12:30
バースもくたびれ怒ってますよ。
ところが成長期真っ盛りのうちのヤンキーは、元気いっぱいなんです。若いってこういうことなんだと思い知らされます。MAXだったらゼーゼーだったでしょうね。死ぬ半年前、八ヶ岳に行く途中で深大寺で車から降ろしたら熱中症になりましたもん。(まあ、気温40度でしたけど)
週に2,3回、深夜に光が丘に連れてくと狂ったように走ってます。そのくせ、翌朝6時から起きだしたりして、困ったもんです。こっちがくたばりそう!
IKEGAMI
2010/09/07 13:03
こんばんは^^
匂い、犬も敏感ですが田舎に住む私も敏感に感じています(笑)
私のつたないブログにも書きましたが
昼の暑さとは違い夕方は確実に秋の風と空気になっています
私も星を良く眺めたりするのですが
オリオンももう東の空低く出ていて驚きます。

そして私も自然が好きで自然からは色々教えてもらったり力をもらったりするのですが
自然の復習が何時か起きないと良いな・・・
と思っています
もう始まっているのかも?とも思いますが・・・

そういえば東京JAZZ私も聴きに行きました
渡辺さんのライブ素晴らしかったです
家に帰ってCDの視聴もしてみたのですが
ライブの演奏の方が良かった??
と素人の私は思ってしまいました^^;
とにかくとても素晴らしい演奏を聴かせて頂いて
幸せでしたm(__)m
iri
2010/09/07 22:20
お、こちらにも!
JAZZ系の音楽はライブに尽きる、というのがぼくの持論です。
もちろん、人がやってることだから期待外れっていうことだって少なくない。1度でもジタバタしたいくらい素晴らしい音を聴かせてくれたミュージシャンのライブが、どんなに不調でもぼくは文句を言わずに、死ぬまで聴きつづけます。
時間があったら、過去ログの「30年待った音」というPOSTを見てください。
IKEGAMI
2010/09/07 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
匂い 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる