池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じところ、違うところ

<<   作成日時 : 2010/08/03 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

ルーカスはまもなく生後7カ月。ますますエネルギッシュな犬に育ち、良いところと悪いところが並行してスケール・アップしている。アポロの妹分、チェルシーの写真がすみさんのブログにボンボンと貼られるようになったのだが、この子がメチャ可愛い!いわゆる美人顔なのだ。
うちのギャングはというと、個性的な容貌である。足の長さからすると、ゴールデンとしてはかなり体高のある犬になりそうだ。性格はMAXより頑固で、アルファの強い犬のようだ。先週くらいからは段差のあるところでは片足を上げておしっこをするようになったので、極力マーキングを少なくし、フラットな場所では足上げなしの排尿をさせなければと思っている。
日がな一緒にいると、つい「MAXはこうだった」と比較してしまうのだが、子犬の時の行動のディテールに関しては意外に思い出せないことが多いし、かなり性格が違うので先代と同じ躾が有効だとも思えないのである。

画像


でも行動範囲や旅行先はどうしても似てくる。この2枚は那須ハーヴェスト倶楽部のドッグランで。

画像


ルーカスは何度でもボール投げをしてくれというのだが、MAXは2,3回投げれば飽きてしまった。今回は雨で森歩きができなかったが、MAXはリードを外した散策が大好きで、軽井沢・八ヶ岳・安曇野でも朝明るくなると「行きましょう!」と起こしにきたものだ。
2歳くらいまでのMAXは、リードを放すと何処に行ってしまうか分からない犬だった。深夜の光が丘公園では30分、家の近くの公園でも20分くらい行方不明ということがあったが、最終的には凄い勢いで走って戻ってくるのだから確信犯だったのだろう。だが、ルーカスはリードを放してもこちらを目視できる範囲にしか行かない。ノーリードのほうがきちんと横で歩くのだ。この違いはどこから生まれるものなのか、動物生態学者に聞いてみたいくらいである。

画像


ルーカスはどうやら車に乗ると楽しいことがあると思い始めたみたいで、散歩に出ようとするとまず車のほうに行くようになった。MAXはこの「車でおでかけ」がなにより好きで、「車」という言葉を聞いただけで家の中を走り回るし、不思議なことに前もってそのそぶりを見せないようにしても分かってしまう。ごはんもおやつもいらない、早く行きましょう、であった。そして車の中ではついに死ぬまで座ったり伏せたりできなかった。5秒くらいで立ち上がり、運転席に来ようとするのだ。「ボンヤリ(グータラ)犬」MAXの最大の弱点が「車の興奮」だったのである。1,2時間のドライブでも往路はずっと立ちっぱなし。帰路はさすがに疲れて寝てしまうのだ。
思いがけないことに、ぼくが仕事でいない時に世帯主が実家に行かなくてはならずMAXを助手席に乗せたら、これがじっと座って動かなかったというのだ。このことが分かったのは死ぬ1年ほど前。なーんだ、それだったら特製シートベルトを付けて助手席に乗せればよかったじゃないか!

画像


ルーカスはというと、車のなかでの行動はMAXと正反対。MAXは常に前に来て顔を並べようとしたが、ルーカスは後方の景色とラゲッジ・スペースに興味があるようで、走り出すとすぐに後ろを見ているし、飽きるとこのような格好で後ろに移動する。では、ラゲッジ・スペースでおとなしく目的地到着を待つかというと、それは嫌なようで後部座席との行ったり来たりを楽しんでいるのである。
これでクレート嫌いが解消されれば、ラゲッジ・スペースにバリケンを積んで、その中で静かに待たせるという理想に近づくのだが、さあ、いつになったらできるのか、I Have no ideaなのだ。

画像


このように同じ犬種、同性でも個体差は大きい。
でも。友達は同じで、前を走る車から顔を出しているのは司馬遼太郎さんではなく、バース大先輩である。(黒縁のメガネをかけたくなるなあ)
ルーカスはもうバース宅の位置を憶え、新青梅街道を渡ればバース家に遊びに行くことしか考えていないようだ。バース家への道を曲がれば、上手になった脚側歩行も忘れて突進。
最後の写真のようになるのだが、この姿を後ろから見ているとMAXと来たような錯覚に陥ってしまうのだ。

画像


あ、書き忘れてましたが、おかげさまでやっと10万クリックに達しました。トップページは45,000くらいですが、各Postの合計が55,000クリックになっています。何カ月も更新なしということもありましたが、これからはマジメにやろうと思ってます。どうぞこれからも遊びにいらしてください。ありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
暑中お見舞い申し上げます。
また「10万クリック達成」あめでとうございます。
これを機会に、寡作ブログ作家の怠慢を大いに反省し、支持者の内なる声援に応えて頂きたいものです。

さて、“今を生きる”ルーカス君の成長を楽しみにしています。なにせ人事だから・・(笑)
ヒトの世は、お年寄りから幼児まで殺伐とした奇怪な事件が相次ぎ、心の砂漠化に身も凍る思いです。
そんな中、愛情イッパイに伸び伸び育っている無垢なルーカス君の様子は、コチラまで微笑みを頂けます。
大きな仔犬って! ホント可愛いですね♪
hori
2010/08/04 11:48
これはこれは、司馬バース・ママ、励ましのお言葉をありがとうございます。
うちでも朝から奇怪な事件のことが話題になりました。「マスコミと金」の次はこれについて書こうと思って、資料を集めてたところです。
無垢なルーカス? けっこうしたたかになってきたみたいですよ。負けられません。
IKEGAMI
2010/08/04 17:16
チェルシーをお褒め頂いてありがとうございます♪
アポロに負けない美人になるかなぁ?と期待しています。
MAXも車の中で落ち着かなかったんですか!
アポロもです。車では楽しいところにおでかけばかり
だったはずなのに、車に乗るとハーハーぜーぜー。
9歳近くなってから、車の中でクレートに入れるようにしたら、ピーピー鳴いて大騒ぎでした。
チェルシーは小さいうちにクレートに慣れてもらわなくっちゃ。
お友達のマッキー残念でしたね。まだ若いのに。
すみ
2010/08/04 23:01
さきほどNanapapaのところのゴルパピみてきました。
可愛い!
うちはあっという間に「抱っこエイジ」が終わって、もう30キロ超級。MAXの1歳時体重は36キロでしたが、ルーカスは太らせなくても40キロ前後まで行くでしょうね。
どうせ大きくなるなら、誰もがビックリするくらいの大きさになってもらいたいと思ってます。
2大課題の家での排泄、クレート訓練、前者はいまのところ問題なし(MAXも10カ月まではOKでした)、クレートのほうは逆で目下のところこちらが居ればピーピー・がりがりの大騒ぎです。さて、半年後にどうなることやら…。
IKEGAMI
2010/08/06 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じところ、違うところ 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる