池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアの説明責任

<<   作成日時 : 2010/07/08 17:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


これほどマスメディアへの信頼が薄れた時代があったろうか。大本営発表に騙され、大政翼賛報道にウソをつかれても報道を信じてくれた「お人好し」の国民が、ホント?と疑問を持つようになったのに、テレビ・新聞の大手メディアは自らに突き付けられた説明責任さへも果たさず、大相撲の野球賭博疑惑などの関心が高いことに対する追及を隠れ蓑にして「知らぬ、存ぜぬ」でダンマリを決め込んでいるのだ。
相撲取りが賭けごとに手を染めていたことと、報道を誘導するための血税からの「贈賄」のどちらが大きな問題なのかを判断することのできないメディアに、「政治と金」や「賭けごと」を追求する資格などない。

マスメディアが報道するニュースが正しいことばかりとは限らないと書いたのは、官房機密費がマスコミ対策に使われていたことが発覚した直後であった。あれからひと月以上たつのに、この疑惑の解明はなんの進展も見せていない。すべては都合の悪いことに蓋をしてしまう大手メディアのずるさゆえのことだ。
これで参議院選挙関連のニュースがクローズアップされると、その陰に隠れて「時効」になるとでも考えているのだろうが、そうは問屋が卸すもんか。この問題に火をつけたフリー・ジャーナリストの上杉隆氏の追及はより具体的になってきて、かつての官房長官の秘書から、田原総一郎氏(氏は野中元官房長官からは「返してきた」と言われていた)も100万円ほどの機密費からの「贈賄」を何度も受け取っていたという証言を引き出している。今後、どのような展開になるのかを注意深く見守りたい。

それにつけても、大手の新聞記者のレベルの低下を示すようなことが多すぎる!自分の足と汗でニュース・ソースに迫るのではなく、権力者がマスコミ操作のためにリークした情報をそのまま記事にしてしまうのである。リークする側はいったん記事になれば自分たちのやらんとしていることが世に伝わるから、それでよし。リーク内容は、後日「あれは間違いだった」といえば、あとはマスコミ側の責任で処理するだろうという魂胆なのだ。
ではその「誤報」はどのような形で訂正されるのかというと、大きなスペースで書かれた記事であっても数行の訂正でチョン。誰もそんな訂正は目に入らないから、リーク側の思うがままのイメージが大衆に残ることになるわけだ。
つぎに引用するWEBはそんな薄汚い情報操作がどのようなものなのかを知ることができる絶好の例だ。

http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/724.html


小沢一郎の政治資金疑惑のさなか、なんとか小沢がゼネコンから不法献金を受けていたことにしたい東京地検特捜部のリークに乗せられた日経と読売の記事と、その訂正を知ることができる。
何度も書くが、ぼくは小沢一郎という古い体質を持った政治家を擁護したいなどとはこれぽっちも思っていない。だが、この特捜部のやり方は犯罪的であり、知ってか知らずかそれに乗った両新聞(他の新聞も似たようなものだが)の報道意識の欠如にはただただ呆れるしかない。
一体、どうしたら「メディアを盲信するな!」ということを多くの人に知らせることができるのか、良いアイデアがあったらぜひお教えいただきたいものだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マスコミに騙され、敵と味方を間違えないことが大事です!
愚民化政策を行い、子供たちを不登校や引きこもり、ワーキングプア、ネットカフェ難民にした「自民党・官僚政治」を生き返らせてはなりません。国民を不幸にし、国を腐敗させた政治を、今回の選挙で完全に絶滅しましょう。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みましたか。子供を壊される恐怖と、腹の底から込み上げる怒りを感じませんでしたか。これ以上、だまされ子供を不孝にするのは止めましょう。
この参院選は、官僚に支配され特別会計も教育も問題にしないマスコミに騙されず、「自民党・官僚政治」を滅ぼす日本国民の最終決戦です。
大和
2010/07/08 18:25
大和さん、コメントありがとうございます。
HNを見たときは右系の人かと思った(笑)んですが、正反対で嬉しくなりました。
ぼくの世代の多くは、政治に対する根本的な不信感を持っています。でも、敵の力の強さに関しては嫌と言うほど分かっています。なにしろ、ある瞬間だけは「日本にも市民が生まれた」と錯覚したことがあるのですから。(ぼくは“革命”が起きるというような楽観主義者ではありませんでしたけど)
でも、なにもしないとなにも変わりません。結果を期待せずに、出来ることを淡々とやる、というようになりました。ただ、自分がメディアに携わる(といっても特殊な分野ですけどね)仕事をしてきただけに、現在の醜悪なメディアの居直りが許せないんです。
まだ続編は書くつもりですので、どうぞ覗いて下さい。
IKEGAMI
2010/07/08 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
メディアの説明責任 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる