池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS MAX〜急変&回復 1

<<   作成日時 : 2010/01/13 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「9回目の桜は見られるだろう」という写真をアップしたのに、9日(正確には10日になっていたが)の深夜からMAXの調子がおかしくなった。腹部が波打つような荒い呼吸になり、歯茎も舌も真っ白。いつもは暖かい肉球もひんやりしている。ということは、またどこかの腫瘍から出血し、貧血状態に陥っているのだろう。苦しいので、立ち上がろうとするのだが、よろよろと倒れ込み、カッと目を見開いて視線が虚空をさまよっている。いつ心停止になってもおかしくない状態である。
グラース動物病院は深夜の緊急診療もやっているのだが、連れていくかどうか迷った。検査の結果、再手術・入院となるともしもの時に家族に看取られず逝くことになってしまうからだ。いろいろ考えた挙句、朝まで身体を撫でてあげながら、小林先生に連絡が取れる時間まで待つことにした。MAXと同じゴールデン・レトリーバーを病院で亡くした経験のあるティナのパパに8時に来てもらい、搬送に備える。体重45キロちかい大型犬を一人で車に乗せるのは大変なことなのだ。
小林先生から電話が来た。往診して下さるそうだ。診断は腹部ではなく、胸腔内の器官からの出血の疑いがあり、そのために手術前と同じような貧血状態にある。先生が搬送して、病院で患部を特定し措置してもよいが、動かすことによって症状が悪いほうに動くリスクがゼロではない。医師として最善を尽くしたい気持ちはあるが、あとは飼い主さんの判断次第だ、というきわめて難しい瞬間を迎えたのである。

画像


ぼくらはティナ・パパとも話し合い、夕方までは自宅で経過観察し、そこで最終決定しようという決断をした。そのまま息を引きとることも覚悟し、立ち上がれずに苦しげに呼吸するMAXの傍らで、頭と背中を撫でながら付き添っていたのである。
そのうちに犬仲間がお見舞いと激励に駆けつけてくれ始めた。ベッドから床に下りたがるMAXを3人掛かりで下し、寝かせる。ちょっと動かすだけで呼吸が荒れ、苦しそうになるのだが、早朝の状態に比べればましで、そのうちに横になったままで水を飲みたがるようになった。(健康なときから「寝食い」、「寝飲み」のグータラ・トレーニングがこんな時に役立つとは・・・)
やがて、頭を床から上げるようになり皿に注いだ水を飲むようになった。そして、飲んだあとは横倒ししなって意識を失うように眠る。そんなことを繰り返しているときにも、犬仲間の激励が相次いだのだが、おそらくほとんどのひとは深夜までもつかどうかと感じられたのではなかろうか。

画像


午後4時くらいから、歯茎と舌がピンク色に変わりだした。知り合いの訪問にも尻尾を振るようになった。回復の兆しが出てきたのだ。そうなると、次に心配になるのが排泄である。大便は食事量が少ないから我慢できるとしても、排尿はなるべく早くさせてあげたい。ところがMAXは我慢強い犬で、横になったままの「おもらし」はプライドが許さないようだ。小林先生に相談すると、導尿にきてくださるとのこと。これで一安心である。
9時過ぎにカテーテルで導尿してもらったMAXは、そのままの姿勢ですやすやと寝始めた。それまでの荒い呼吸ではなく、普段の睡眠時の呼吸に近い。
そして深夜2時過ぎ。顔を持ちあげて、後ろ足をひきつけ、立とうとするのだ。よろよろと立ちあがり、ドアのほうに歩いて行った。

長くなるので、ここでいったんUPしたい。
その後の経過、それに伴う飼い主の気持ち、今後のことなどは(2)としてまとめたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
IKEGAMIさん、お疲れさまです。先が見えにくい心配続きな時にこうして様子を書いて下さってありがとうございます。これまで培われてきたMAXの体力と気力に大いなる希望をもちながら、引き続き遠いところからではありますが、応援しています。近くだったら飛んで会いに行くのになあ!眠っている間には楽しい夢を見ててくれますように。そして快復してくれますように。LIVE YOUR LIFE TO THE MAX!!!!
chi-B
2010/01/13 13:23
池上さんお久しぶりです。
久しぶりに覗きに来てビックリして心配しています。
家も老犬(今年11歳)を家族にもつものとして、
他人事とはとても思えず、一緒に祈っています。
藤ノ木みか
2010/01/13 14:49
早速のレス、ありがとう。
今日もちょっと具合が悪く、介護の日々となっています。回復といっても病巣が消えたわけではなく、状態が良いうちにサプリを飲ませて、進行を遅らせる以外に方法はありません。
犬は具合が悪い時にはじっとして回復を待ちます。しばらくはその繰り返しになるでしょうね。
また報告しますので、よろしくです。
IKEGAMI
2010/01/13 16:59
MAX 頑張って〜。
MAXの写真を大きくして見ながら、悪い所が治るように祈っています。
出血している部分の状態が良くなれば、回復へとむかっていくのでしょ?
きっときっと大丈夫だから、MAXがんばって!

前のポストにコメントを頂いているSteveのCDの件、ありがとうございます。楽しみに待っています。 

今はMAXの回復を遠くからお祈りしています。
Andy
2010/01/13 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
MAX〜急変&回復 1 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる