池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅の季節

<<   作成日時 : 2009/06/09 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

「梅雨」! なんて美しいネーミングだろう。
今週の半ばから関東は梅雨入りらしいが、故ブラッキーの家の梅の木には梅雨前線が北上する前に、たわわに実がついた。2000坪の庭には様々な果樹が植わっているので、春から秋にかけては犬の遊びにかこつけて、季節の味を頂戴に行くのである。ここ数年は毎年、数キロもの梅をいただいてきて1年分の梅ジュースを作るのだ。作り方はいたって簡単なのだが、1個1個洗ってヘタをとり、しっかりと水分をぬぐって、楊枝でたくさんの穴をあけるのが結構大変。でも、梅エキスが滲み出して、広口瓶の下に溜まるのを観察するのは楽しい!

画像


ぼくは氷砂糖を使わずに三温糖を使用。エキスが出てくるのが早いし、漂白した砂糖より身体にも良い。和歌山県のJAは氷砂糖を薦めているけどね。(味が上品になるそうそうだ)

画像


爪楊枝で穴開けをした梅。梅数キロだとこの作業が一仕事である。一つ一つを丹念に処理してやると、梅エキスの出かたがスムーズになる。手を抜いてはいけないのだ。

画像


梅の収穫が終わると、裏の通称「ブラッキーの芝生」でお茶の時間になる。今年はブラッキー・ママが無農薬甘夏のゼリー/生クリーム添えを制作。芝生の上にかぶさる大きな枇杷の木からもいだ枇杷と一緒にいただく。
犬たちにとって、はボールで遊んだり、追いかけっこをしたりという楽しい空間が「ブラッキーの芝生」なのだ。4年ほど前は、いまは区民農園になった1000坪の柿の木畑を2か月ほどプライベート・ドッグランとして使わせていただいたこともある。犬たちはそこでボールをシェアして遊ぶことや、笛の合図で集まることを学んだのだ。
ここに集う飼い主と犬は、本気でしつけを考えている。しつけとは人と犬との密接なコミュニケーションが生み出す相互理解に他ならない。
「ブラッキーの芝生」は、人と犬の豊かな暮らしの訓練所なのだ。
さあ、次回の収穫はどの果物だろうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
1000坪のプライベート・ドッグラン!
最高にシアワセだったでしょうね〜。

ワが家では。
庭の梅で一昨年までは梅酒。
去年は初めて梅干しを。
失敗恐れて塩を多めに入れたら。
これが1個食べると気分が悪くなるくらいしょっぱくなってしまいました…。
半斤八両
2009/06/09 23:33
おっと半斤さん、そちらは梅の名所が近いですよね。
道真の歌は味じゃあなくて匂いですけど。
先月、東京のデパートで大宰府・梅が枝餅を焼きながら販売してたんですが、買おうとしたら長蛇の列で1時間もならばされちゃった。ネットで買えるんだけど、やっぱり目の前で焼いて売ってるやつは美味い。
保存用(冷凍します)と立ち食い用を買って、満足でした。やっぱり現地だとお店によって美味い・まずいってあるんでしょうね。
IKEGAMI
2009/06/10 00:17
今年は梅の成り方があまり良くないと聞きましたが、素晴らしい梅が入手できて良かったですねえ。
IKEGAMIさん、マメですねえ!感心、感心!


梅仕事も結構大変!昨年は20キロ梅干しをつけましたが大仕事でした。今年はいつも房総の御宿で田舎暮らしをしている友人から梅が届くのですが、不作でいただけないようです。買ってこようか迷っているところです。
masae
2009/06/10 09:26
masaeさん、どうもです。
20キロ! そりゃあ凄い! 梅干しの美味いのって高いんですよねえ。今年は守谷の梅干しを期待します。梅エキスジュースと交換会をしましょう。
それにしても、Shingoちゃんのグルメぶりにはいつも感心してます。よく考えたらmasaeさんのDNAなんだと納得。35年前に日常的食卓でフォンデュが出るうちなんてなかったですもん。
どうもダンナの「食えりゃあいいだろ」って感じが先行してたもんで(笑)。新幹線シカリ号、アサシ新聞のシトですから。でも日本橋の寿司屋の息子だから、ホントは味にうるさいんでしょうね。
IKEGAMI
2009/06/10 10:14
お! 池上さんも梅酒! と思ったら、ジュースでしたね。
友だちは静岡の実家近くで梅狩りをして、梅酒&梅ジャムづくりにいそしみ、知人も梅酒をつけてました。なにげにわたしの周りで梅祭り状態です(笑)

ともりん
2009/06/10 17:46
「大瓶に梅仕込み終え 入梅す」
ナンか語呂合わせみたいになっちゃったけど・・
hori
2009/06/11 10:29
ぎゃはは。
川柳愛好者のhoriさんにしては、ちゃんとした俳句じゃあないですか。うちもやっと終えました。入梅、うーんMAXが悲しそうです。
ともりん、そのうちこちらまで生MAXに会いに来なさいよ。歓迎するよ。あ、Vironのパンとか、お土産を忘れないように!
IKEGAMI
2009/06/11 10:51
我が家の梅干しは低塩で漬けてあります。
結構、おいしいですよ。
ご入用とあらば何時でもどうぞ!

梅ジュース、私以外の家族は飲んでくれないので作るのをやめました。美味しいのにねえ。
Shingoは食べない子で散々苦労しました。
いつから食いしんぼうになったのか全く解かりません。
高校生になっても「食べ盛り」なんてありませんでした。
お子さんが小食で困っている世の中の親御さん達、なんの心配もありませんよ。
ヒとシの区別が付かない旦那は、生家の商売柄、お客に出せない最高の魚のカマやアラの煮つけ等で育ちましたので、結構うるさい!出汁には築地秋山商店の鰹節を使えとか。
フォンデュブルギニオン、なつかしいですねえ。
年のせいか今では食べる気もしませんが。
masae
2009/06/12 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅の季節 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる