池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬は文化を映す 3

<<   作成日時 : 2006/06/04 13:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

このところMAXがえらく早く起きる。毎朝、7時前後には「外に出してください」と玄関のドアに手をかけてアピールするのだ。ん、7時なんて早くないって?ごもっとも。向かいのゴールデンのベルちゃんなんて、遅くとも6時には散歩に出て、MAXが起きるころには庭でくつろいでいる。でも、30年以上に渡って深夜型の生活をしてきたぼくにとってはこのタイム・スケジュールだって、アメリカがイスラム教の国になるくらいの革命的な出来事なのである。犬は飼い主の生活スタイルに順応して暮らすようになる、んじゃなかったのかなあ。しかし、ぼくの体脂肪、内臓脂肪の数値変化をみると文句を言うどころか、「MAXは救世主、命の恩人だ」という友人の言葉に反論すらできないのだ。

まあ、早起きは三文の・・・と言うじゃないか。しかし、健康維持にとっては確かに得なのだが朝の散歩の時から見たくないものも目に入り、精神衛生上はかなりフラストレイテッドになるのでそこがマイナス・ポイント!この時間にはまだ道路に前夜からのゴミが散乱していたり、早い時間に(或いは深夜に)散歩させた犬の落し物がそこらじゅうにあるのだ。
こうしたゴミの散らかし方、犬の糞害はマナーの欠如と単純に片付けられることではなく、最近の簡単に子供を殺しちゃう親や、その逆で親を殺す子供、常軌を逸した気持ち悪い性格異常者による犯罪の増加、などに繋がる氷山の一角に思えてならない。さらに水面下には、年金免除の不正や、どう考えたって弱者は死ねと言っているような障害者自立支援法の成立、沖縄の住民を無視した米軍基地移転、イラクへの派兵などがあって、それは当然因果関係がある。要するに、「おかみ」がだめなのは国民がダメなことの反映で、だめな「おかみ」がさらに国民をだめにしているのだ!
また、ぼくが個人的に腹が立つのは、ぼくと同世代の人間たちが「団塊の世代」と自称して「おれたちは昔、権力と闘ってきた」とほざいていることだ。昔に闘っても、いま闘うのをやめるのは、闘わないできた奴らより性質の悪い犯罪的とも言える行為である。昔の言葉で言えば転向だ。そんな奴らが自己弁護ばかりして、子供の躾もしないで来たから自分のかわいい孫が殺されるのである。

犬の糞をとらずに平然としているのは、ハッキリ言って「団塊の世代」の男、そしてその妻が圧倒的に多い。「団塊の世代」の真中のぼくが言うのだから間違いない。この事実を目の当たりにした時、ぼくは言葉を失った。日本の権力構造、保守的なモラルやマナー、因襲に「ノー」と言って、新しい社会秩序を求めて立ち上がろうとしたのは一体誰だったのか。ぼくらの世代の造反が簡単に挫折してしまったのは、イデオロギーなんぞとは無縁に暮らす「大衆」の世俗的な生活性の重さを打ち破れなかったからだと、反省・自己批判したのは誰だ?
前にも書いたように、ぼくは欧米型の生活スタイルが最高だなどとは思わない。日本には日本独特の生活スタイルと、そこから湧き上がってくる文化があって然るべきだ。それは平凡な日々の営みを積み重ねることからしか生まれない。子供に対する躾、犬の糞の始末のような政治課題や会社経営からみれば小さなことこそが、新しい社会秩序の基盤となるのである。

そんなことを考えている時、ケーブル・テレビのホーム・ドラマがほのぼのとしたシーンを流していた。ヨーロッパのどこかの街らしいのだが、幼児が自分の倍以上もある犬を連れて歩いているシーンだ。犬が旅行者を怪しげな人間と勘違いし、吠えかかる。幼児がそんな犬に対して優しく諭す。「どうして吠えるの?そんなノーティー・ボーイにしてるともう散歩に連れてきてあげないよ!」旅人はやがて幼児・犬と友達になるという筋書きなのだが、ぼくは再び考え込んでしまった。これが日本の街角だったらどうだろう。おそらく、たちどころに「小さな子供ひとりで、危ない」か「犬が人を襲ったら危ない」という声がかかるんじゃないかな。この違いは、犬と人の暮らし方の違い、生活文化の違いが生み出す差異なのである。

頭の写真は、近所の仲間の幼児と犬のカップル。ゴールデンのスス(13歳!)とユズちゃんである。ススはユズちゃんが歩けなかったころ、公園では傍からはなれずに見守ってあげていたのだが、当時、ススとユズちゃんを公園に連れてくるママが信号待ちをしていると60過ぎのご婦人から声がかかった。「子供の面倒もちゃんと見ないで、そんな大きな犬を連れて、危ないでしょ!」 好意的な言葉ではなく、非難であった。

これは、日本の文化の反映そのものだとぼくは思っている。その文化が良いか、悪いかの判断は人それぞれの価値観によるしかないのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私は4歳くらいの頃、近所の犬に面倒をみてもらっていたことがあります。父が出張等で不在の場合、母の経営している店の和室で過ごしていました。正直、暇です。店は大きな家の一階を借りており、大家さんがミックスの女性犬を飼っており、この子と遊んでいました。私は月に何度も来るわけではないのに、私が来るときはタクシーが止まる大通りまで迎えにきていました。私がタクシーを降りると車道側を自分があるき静かに店まで連れてきてくれます。神経質なたちで、もともと「番犬」という役目もあったことから知らない人には思い切りほえ、当然に近所の子どもは怖がっていました。でも私が近所の子どもと遊んでいるときは、黙って公園の入り口で子どもの帰宅時間まで見張っていてくれました。ああ、懐かしい。
J・AGE
2006/06/04 13:50
モラルの低下がいわれて久しいですけど、それを言ってるメディアもレベルの低い番組で成り立っている訳で、団塊の世代という焼跡からの復興後バトンを受けた人たちのモラルはどうか?と考えた時、さして出来が良いとは言えない現実。
池上さんがおっしゃるように、犬の糞処理をしてない人の中でも結構そういった世代の人が目立つような気がしますネ。
十二分にプライドだけは持ってるので、注意したりすると即ケンカ越しになったりするけど、糞をそのままにして貴方のプライドが傷付かないのか?と私は言います。わはは。
torigen
2006/06/04 14:09
我が家は空き地真ん中に建っています。道路に面したところはヒバが植えてあり、ゴミと空き缶とワンちゃんの落し物が沢山です。
ワンちゃんと公園を散歩するのに「手ぶら」も多いし。(この手の人間は公園のパーキングの車椅子マークのスペースに平気で駐車する。散歩に来て、なぜ近い場所に止める必要があるのか不思議なんだけど)
外を汚して平気な人は自分の家(だけ!)は綺麗にさせていたり。自分でいつも掃除をする人は他の場所を汚したりするのをためらいます。自分で掃除をしない人は他所も平気で汚します。
泥水飲込
2006/06/05 13:05
団塊世代以上の情けない実情ですか? そろそろ定年真近で、地域社会に再デビューした時に一個人としての真価が問われる訳で、いいんじゃないでしょうか。案外見てますから、周囲の辛辣な目は! 会社人間の時は無愛想だった人が、辞めたらちゃあんと挨拶できるようになった人を知っています。以前は地域での奥さんの立場に配慮しなかった、早い話エラソウなんですね。家庭ゴミも出してる訳で、当番もあるし、決して無関係では在り得ないのに、そんな瑣末な事はあずかり知らぬ、僕にはもっと重要なお仕事があるもんね、でしょうか?そんな人がたまの休日に犬の散歩に出ても、手ぶらでカッコよく歩きたい?
迷惑を被るのは犬の方で、どんどん行き場は狭まっています。隔離された場所とか・・。
たぶん彼らは言ってると思う。「ドッグランやドッグカフェに行きたい訳じゃない。大好きなボスの行く所に、一緒したいだけだよ♪」ってね。
horirin
2006/06/05 18:55
犬については、ワシも今では飼ってませんが、二度ほど飼ったことがあって。
最初は小学一年生のとき。橋の袂の段ボール箱の中に捨てられてた犬で。
その犬が子どもを生んで。お袋に「餌をやって。一つの皿に入れると親犬が食べられないから二つの皿に分けて入れてね。」と言われたのに、もうなぜだか覚えてないんですけど、一つの皿に全部入れちゃって。
母犬は黙って子犬たちが食べるのをじっと見てました。
ワシ、今でも罪の意識が。
今回の記事にコメントする話ではなかったですけど。すいません。
半斤八両
2006/06/05 23:42
>母犬は黙って子犬たちが食べるのをじっと見てました。

その一文、情景を想像したら泣けてきました。
山尾 改め 連日納豆
2006/06/06 02:16
皆さん、コメントどうもでーす。
半斤さん、そういう後悔とか罪の意識って、犬にかかわらず誰もが持ってますよねえ。犯罪じゃあないけど、犯罪以上に心に引っかかってふとした時に思い出してしまう。そういう意識のかけらももたない人が多くなったから、アブナイ時代になっちゃたんです。ぼくは学生時代のいわゆる「運動」のこと、人に話したり書いたりすることができるようになったのは、つい最近になってからです。生きている限り引きずる「痛み」のようなものでしょうね。だから「団塊の世代」に対して、きついんです。

山尾さん、改名ですか。泥水さんとドッコイのH/Nですねえ。HNでコメント偽装しないように!

Horirinさん、風邪はいかが? MAXが寂しがってるよ。
IKEGAMI
2006/06/06 11:09
お気使い下さり、ありがとうございます。咳がひどくて朝から疲労困憊状態。うちの子も定時になると ”MAX君に会いたいワォォ〜ン”といなないておりますよ。
ところで「お答えします〜」のコメント数が物凄いことになってますね。皆さん、知性・感性・社会性・自虐性?を豊かに持つ素晴らしいメンバーで、IKEGAMIさんの博識プラスお人柄故と思います。
サロン計画ですかぁ? もはやjazz・犬・旅・ワインだけでは収まりきれないから、伝言・質問・提案等で勝手に集う!ってのも面白いですね。
horirin
2006/06/06 16:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
犬は文化を映す 3 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる