池上比沙之のThings what I feel

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月21日 信頼

<<   作成日時 : 2006/05/22 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

今日は久しぶりに晴れたので、自由が丘にお出かけ。ロータリー近くの犬連れOKのカフェでハンバーガーを食べ(人間が)、街歩き。さすがソフィスティケイテッド・タウンだけあって、犬OKのカフェは20軒以上あるし、犬と一緒に買い物ができる雑貨屋さんとかもあって楽しい時間が過ごせる。

世帯主が美容院に行くというので、ぼくとMAXは自由通りを奥沢方面へ。奥沢神社の「犬連れのご参拝ご遠慮ください」という張り紙にムッとしながら(お寺は犬に寛大なところが多いが、神社は“犬は不浄”といまだに考えているところがかなりあるようだ。井草八幡のように犬との参拝自由というところもある)歩いていると、奥沢5丁目に「粉と卵」というケーキ屋さんがあって、お店の前に水飲みのボウルが置かれていた。そこで、水を飲ませていただいているとオーナー・パティシエが出ていらっしゃって「いらっしゃい。カワイイですねえ」と声を掛けてくださった。さすが、フランス系のお菓子の作り手だけあって、「もっと当たり前に犬と人が暮らせる環境になるといいですねえ。でも、犬を番犬として飼う人が多いうちは無理なんでしょうね」とおっしゃる。犬に対する話を続けていたら、「とてもマナーがいいですねえ(お、誉められたぞ、MAX!)。犬を躾ていて難しいことってありますか?」と聞かれたので、ぼくは犬同士のコミュニケーョンです、と答えさせていただいた。

犬と暮らし始めた人が、ペットショップや獣医から「ワクチンが終わるまで外に出さないで」と言われ、それを守った結果、他の犬を恐れるようになったり、攻撃的になってしまう犬が多いことは「ぼくと犬との物語」などですでに書いた。生後3ヶ月くらいまで母親・兄弟と暮らし、その後他の犬と出会うようになった犬は、自然にコミュニケーションを学び、やたら吠えたり歯を剥いて威嚇したりすることが少ない。(ただし、個体の性格によるところが大きいから、全ての犬がそうだとはいえない。人間が理解できないこともたくさんあって、相性の良し悪しはとてもミステリアスなものだ)
取っ組み合い、噛む真似をして遊ぶためには犬同士の信頼感と友情が必要になる。MAXが日常的にそういう遊びをしたがる相手は4,5頭。特にジャック・ラッセル・テリアのマッキーと、オールド・イングリッシュ・シープドッグのバースとは「何でもあり」の関係にある。マッキーは安心してMAXのしっぽを引っ張るし、バースは遠慮なくMAXを踏んづける。そして、神経質なマッキーが他の犬とトラブルになろうものなら、すっとんで行くのである。

残念ながら、ご近所でも犬社会でのコミュニケーションができずに、吠えまくっている犬が多い。だがそれは、飼い主がその機会を与えずに、学べないことが最大の原因だろう。犬同士のトラブル、子供たちの間の苛め、大人の子供に対する異常な犯罪・・・すべては無知から生まれるものなのだ。犬のトラブル、ディスコミュニケーションは決して犬だけの問題ではないのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
現代では、人間にとっても最大の問題かもですね。
で、飼い主たつ人間がディスコミュニケーションだから、当然のごとく飼われてる犬くんたちも…。悪循環のような気がしますネ。しかし、そのパティシェ流石といえば流石。おフランスだものネ、パリもウンコだらけじゃなけりゃもっとお洒落なんだけど…(爆)。
torigen
2006/05/22 20:51
犬どうしのコミュニケーションがとれると、飼い主を含めた生活がより楽しく豊かなものになりますよ。
情報交換し合ったり、一緒に遊びに行ったり。日常のお散歩も友達犬と一緒だと、中には嬉しさ余ってスキップする犬までいるのよ。するとこちらも幸せな気分になる・・。
でもコミュニケーションが上手くとれる犬にするには、飼い主の努力、まさに手間隙かけるしかない。幼年期からほぼ毎日、色々な犬に会わせ、会話させ、じゃれ合わせて、身をもって体験学習させるしかない。
愛される犬にするには行儀も大切。何よりマナーをわきまえた飼い主でありたい!!デスヨネ。
少なくともコンパニオン犬と暮らす醍醐味を味わいたければ、マナーを含めてこの手間隙を惜しまない気持ちが大切です。
すると知らない世界も見えてくるし、古代から人間にとって、犬は[善き隣人]として遣わされたかも知れないじゃないですか? 一歩進んで[善き友人]になってほしいからガンバローね。

horirin
2006/05/23 13:13
>何よりマナーをわきまえた飼い主でありたい!!
素晴らしいご指摘です!さすがタテのりスキップ犬バースのママ。(当家のジャズ犬はリズムがヨコのりで、散歩中にファンキーなバック・ビートが利いたりするんで、困るんだなあ)
結局、犬を巡るトラブルは、犬よりも飼い主の問題であることが多い。Horirinさんの言う「新しい世界」なんて、見ることを考えもしてない人がほとんどでしょう。道は遠いなあ。
バースは「善き友人」を通り越して「善き家族」の域。ん? うちのグータラはもちろん「善き主人」ですよ(笑)。
IKEGAMI
2006/05/23 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月21日 信頼 池上比沙之のThings what I feel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる